YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

やっぱり怖かった(笑)

500cさん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

妙義山・荒船山・物見山

2014/11/28(金) 01:14

 更新

やっぱり怖かった(笑)

公開

活動情報

活動時期

2014/11/16(日) 06:47

2014/11/16(日) 12:46

アクセス:226人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,923m / 累積標高下り 1,984m
活動時間5:59
活動距離7.85km
高低差675m

写真

動画

道具リスト

文章

アプローチは、マイカーで道の駅まで。
登山者の駐車場は、奥にあります。車中泊の人達もいました。

奥の院あたりから、本格的?な鎖が始まります。途中の鎖では、先行者が次の鎖で停滞してると、稜線の腐り場で何度か、止まるはめに(*_*)
手がかじかみ、だんだんての感覚がなくなってくると、鎖を離しそうになりました。晴れてたけど、朝の早いうちは、風と空気が冷たく。

鎖場の渋滞には、ならなかったけど、もう少し遅いとなりそうでした。

わたしは、ハーネスもヘルメットも何もない、丸腰でしたが、ほとんどの方は、ヘルメットとセルフビレイ一式は、もっていたようてす。

たしかに、寒さと、ながい鎖場の時は、握力、体力のないわたしは、力尽きそうになりました。

同行者は、今回は鷹戻しに挑戦予定でしたが、わたしと一緒に中間道におりて、ランチしてました。

行き交う人は、みんな北アルプスとどっちが??と、口にしてましたが、妙義のような日帰りで荷物も軽く、行ける時と、北アルプスをテント泊で何日も縦走するような大荷物で、キレットを渡り歩くのとでは、比較が違い過ぎるように思えてなりませんでしたが、小心者のわたしはへらへら笑ってるしかできませんでした。(*´-`)
帰りの中間道は。紅葉真っ盛りでした。
もう少し。体力つけてヘルメット持参で、鷹戻しいつか挑戦したいです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン