YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

「なすび🍆」と高祖山から叶岳へ

*はるちゃんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山をはじめてかれこれ〇十年、無理をしないで、これからも山を楽しみます
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1950
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

高祖山・叶岳・飯盛山

2014/11/16(日) 22:08

 更新

「なすび🍆」と高祖山から叶岳へ

公開

活動情報

活動時期

2014/11/16(日) 10:29

2014/11/16(日) 15:34

アクセス:439人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,039m / 累積標高下り 2,053m
活動時間5:05
活動距離10.86km
高低差399m

写真

動画

道具リスト

文章

今宿野外活動センターを馬蹄形に囲む、高祖山、高地山、叶岳をなすびと登ります。
なすびの二度目の山登りです。いつものコースの「鉢伏せ観音」コースで登る予定でしたが、センター内は、ペットの入場不可のため、センター外の「三角谷」コースで登ることにしました。
「三角谷」コースは、出水のため、荒れていますが、なんとかなる⁉(=^ェ^=)

案の定、コースは荒れています。🍆は、段差が大きくて、登れないところで最初は、躊躇していましたが、登れそうなところを見つけて、果敢に登っていきます。
道も無くなっているところもありますが、沢の水の中を上を目指してもくもくと上がっていきます。(((^_^;)
猪の足跡が、無数にあります。最初は、 警戒していましたが、登るのに夢中で、猪のことは、忘れてしまっているようでした。

高祖山山頂に到着しました。視界がよく、可也山が、よく見えます。🍆と食事をして休んでいたところ、下の方から子供達のにぎやかな声が、聞こえてきました。それまで、おとなしくしていた🍆は、急に低く唸りだし、吠えはじめました。子供達の声が怖かったのか、猟犬の本能なのか…(´・ω・`)
子供達の姿を見ると反対に、急に喜んで、甘え鳴きになり、子供達の方に行こうとします。子供達が、寄ってくると立ち上がってかまってもらおうとします。散歩では、散歩中の人や犬には、直ぐに寄って行き、甘えます。度が過ぎると、他の犬から「ワン」と怒られてしまいます。フレンドリー過ぎるのか、甘えんぼう過ぎるのか…(´・ω・`)
少し、子供達と離すと、行きたがって困りました(=^ェ^=)

高祖山は、奈良時代の朝鮮式山城「怡土(いと)城」跡があり、中世には、その跡を利用した、原田氏の「高祖城」跡があります。
糸島市の高祖神社から登ると、怡土城の礎石などが残っています。

稜線を歩き、高地山へ向かいます。高地山から直下し、直登すると「飯盛山」です。今回は、スルーします。

叶岳に向かいます。途中、福岡ドームなどが見える、開けたところがあります。
叶岳に到着です。山頂には、叶岳神社があります。神社なのに本尊?として、仏さまの「勝軍地蔵」が、祭ってあります。
(=^ェ^=)

神社の登り口近くに展望台があります。
傾いた陽を受けて、とてもいい眺めでした。博多湾口の「玄界島」もハッキリと見えます🎵

今回の🍆との山行も、なかなかいい山行きに なりました。🍆は、最初の油山に比べ、ビックリするほど、進歩?していました。自分で登るルートを探し?、声の指示だけで従っていました。後半は、5メートル以上離れると振り返り、必ず待っていました。本当に親馬鹿ですね(=^ェ^=)

これからも連れていける山には、「なすび🍆」を連れていくようにしたいと思っています(^-^)
次は、雪の「雷山」にでも連れて行きましょうか…

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン