YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

登山デビュー者と行く、甲武信ヶ岳日帰り西沢渓谷より

はやまるさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:暇さえあれば山にでかけてます♩
    時には家族を巻き込むことも。。

    最近単発登山じゃ満足できず無茶な縦走にハマってます。
  • 活動エリア:栃木, 群馬, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

甲武信ヶ岳

2013/11/17(日) 13:48

 更新

登山デビュー者と行く、甲武信ヶ岳日帰り西沢渓谷より

公開

活動情報

活動時期

2013/11/16(土) 06:48

2013/11/16(土) 14:28

アクセス:472人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,890m / 累積標高下り 2,928m
活動時間7:40
活動距離14.88km
高低差1,380m
カロリー4172kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は友人の登山デビューのお手伝い♪
インストラクター的な感じで甲武信ヶ岳に行ってきました。

友人にとっては初めての山だってのに甲武信ヶ岳を選んだ私は結構オニ…。
案の定友人はヘロヘロに。。
※とはいえこの友人、高校時代は陸上部で私と県大会優勝争いをしていた元アスリート。

ペースも自分のいつものペースとほぼ変わらない感じでやりとげてくれました!!

天気も終始快晴!!
10時くらいまでは富士山もきれいに見えてサイコーの景色を堪能できました☆、2週間前奥秩父(金峰山、国師ヶ岳、北奥千丈岳)に行ったときはガスガスだったので奥秩父リベンジができました!!

以下今回の山行記録です。

6:45 西沢渓谷駐車場出発
7:00 甲武信ヶ岳登山道(近丸新道)
8:38 近丸新道、徳ちゃん新道合流地点
10:15 破風山、甲武信ヶ岳分岐点
10:20 木賊山
10:34 甲武信小屋
10:50 甲武信ヶ岳山頂
    休憩
11:30 下山開始
11:39 甲武信小屋(復路はまき道で)
11:56 戸渡尾根
12:55 近丸新道、徳ちゃん新道分岐点(帰りは徳ちゃん新道)
14:00 徳ちゃん新道登山口
14:20 西沢渓谷駐車場


・西沢渓谷駐車場-甲武信ヶ岳登山口
舗装された林道を歩きます。
若干紅葉を期待していましたが先週の寒波によりほぼ落ちていました…・
登山口近くに広場があり、キレイなトイレもあります。

・甲武信ヶ岳登山口(近丸新道)-合流地点
最初若干登山道がわかりにくいです。
初心者の友人はこんなとこ登るの!?って感じでした。
いきなり急登から始まります。。
10分くらい急登を登るとトロッコの廃線があったりで歩きやすいなだらかな道がしばらく続きます。
途中ガケ崩れみたいな箇所があってガケをトラバースするとこがあります。
(普通に歩けば危険はありません。)
ヌク沢を渡る箇所があるのですが、丸太の橋が凍っててかなりすべります。。
(この時期の朝は丸太は使わないほうが無難。。)
沢を渡るとまた急登…。
この区間がを飛ばしすぎると後にひびきます。。。
※今回の友人がそうでした。

・近丸新道、徳ちゃん新道合流地点-破風山、甲武信ヶ岳分岐点
樹林帯の中を急登が続きます。
所々平坦な道があるのでそこで呼吸を整えます。
この辺から雪が道を覆ってきます。。
今回アイゼン等つけませんでしたが全く問題ない程度です。
途中富士山、奥秩父の山々をを望める眺望のいい箇所がありました。

・破風山、甲武信ヶ岳分岐点(木賊山経由)-甲武信小屋
もう辺りは完全に雪山です。。
木賊山からの下りが一番雪がすごかった。。
アイゼンなかったの滑る滑る…。
何回か滑って転びましたが新雪だったのに全く痛くない♪
むしろ自ら滑ったりして楽しみました。

・甲武信小屋-甲武信ヶ岳山頂
最後のひと踏ん張り!!
木賊山からの下りから甲武信ヶ岳山頂がキレイに見え結構登るんだな~と思ってましたが
登ってみるとさほどでした。
でも下りからの登り返しなのでそれなりに応えます。

・甲武信ヶ岳山頂
立派な看板があり、金峰山、国師ヶ岳、北奥千丈岳。その奥にある真っ白な北アルプス。
近くの三宝山がキレイに見えました。
残念ながらこの時間には富士山は見えなくなっていました。。。
山頂では多くの登山者が休憩しており、軽食をとっていました。

・下山
下りは木賊山への登りを避け、甲武信小屋からまき道を使って戸渡尾根へ。
ほとんど人が通った後がなく、新雪をふみながら進んでいく感じが気持ちよかったです。
登りに比べると雪もだいぶとけており逆に泥で滑りやすい箇所がありました。
※靴も雪でキレイになったのに結局下山の泥で汚くなった…。
下りは登り(近丸新道)とは違う道、徳ちゃん新道で下山。
特に危険個所、迷いやすい箇所はなかったように思えます。


今回の山行はほんと天気に恵まれました!
奥秩父の山で天気がよかったのが初めてだったので感動♪
登山デビューの友人も今回のキツイ山行で登山が嫌いになっちゃうかと思いきや
さすがは元アスリート、体を鍛えなおしてまた登ろうといってくれました。
これからは私といつもの相棒のハイペース登山の仲間入りとなりそうです(^^)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン