YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪の踏跡の先に待つ山頂のチシマザサ

ソラリスさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:気が付けば29年間、会社に勤めた事になります。出身は富山なのですが、首都圏勤務が長く、元々、車やバイクで全国を巡るのが好きで、何時の間にか山を訪れて旅行を兼ねて愉しむ山旅スタイルになっていました。何となく各位の山行日記の投稿が高山植物に似ているのかなと感じてます。メンバーさん一人一人の投稿が花です。花の愉しみ方は人其々で、自分はひっそり咲いている花を探すのが好きなようですが、百名山登山に憧れ、残りは8ですので華やかな花にも強い憧れが在りそうです。投稿は減りそうですが時々、花を探しにYAMAPを訪れたいと思っています。
  • 活動エリア:富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:富山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

白木峰・小白木峰

2014/11/24(月) 20:28

 更新

雪の踏跡の先に待つ山頂のチシマザサ

公開

活動情報

活動時期

2014/11/22(土) 11:12

2014/11/22(土) 14:27

アクセス:432人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,545m / 累積標高下り 3,474m
活動時間3:15
活動距離9.74km
高低差379m

写真

動画

道具リスト

文章

地元の山に拘ってみたくなり、八尾(富山市)にある日本三百名山の白木峰(標高1596M)に登ってきました。白木峰は北アルプスから乗鞍、御嶽山まで一望できる展望の山で、夏は山頂付近が美しい草原地帯に広がるお花畑にニッコウキスゲの花が咲き乱れる山です。

先週、白木峰山麓の林道まで夏タイヤの車を走らせて雪の状況を視察しましたが、白木峰に至る大谷林道ゲートが開いており標高900M以上が雪が在って1100M位では20cm程雪が積もっている状態でした。今回10時頃に林道を車で走行すれば雪も緩むので車で行ける処まで行って登山を開始しようと思っていましたが、8合目登山口まで車を乗り入れる事が出来ました。

8合目登山口(標高1320M)での積雪は20cm程度でしたが、登山客も4,5人居て、先客から登山道でのトレースが在ると聴き、日中の暖かさも手伝って、春山登山に近いイメージで登山する事が出来ました。日陰では雪も良い状態で積雪が50cm程在り、脚が埋まる場面も在りましたが山頂まで1時間程度で登頂する事が出来てしまい予想外の結果でした。

先週、視察に来た際に林道を歩いた時は、天候も悪くなってきて北陸の湿った重い雪の中の踏跡の先を追いかければ追いかけるほど、景色から色が失われるモノトーンの世界に、北陸の暗い冬が待つだけのように思えましたが、今回は、雪解けの春を待ちわびたような爽快な登山になりました。

頂上付近の樹木が葉を落とし冬木になった中、チシマザサだけは雪に埋もれても緑の葉を残していました。チシマザサは冬になっても光合成が出来、雪に埋もれる事で、風雪から身を守るそうです。急登の中でチシマザサに捕まってバランスを採ったりしましたがチシマザサが深く根を張り、抜ける事は在りませんでした。チシマザサは北陸の低山の山頂にも多いのですが、冬山登山するという事は、実はチシマザサの雪深く暗く長い北陸の冬を生き抜く逞しさに会いに行くという意味が在るのかもしれません。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン