YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

零(ゼロ)からの旅立ちⅡ・開聞岳

とっさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

開聞岳

2014/12/28(日) 19:42

 更新

零(ゼロ)からの旅立ちⅡ・開聞岳

公開

活動情報

活動時期

2014/11/23(日) 06:23

2014/11/23(日) 13:40

アクセス:758人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,701m / 累積標高下り 1,693m
活動時間7:17
活動距離22.72km
高低差913m
カロリー4187kcal

写真

動画

道具リスト

文章

最近、ますますキャタピラに、あ、いや、健脚に磨きがかかってるゆりさん。
私を満足させる山行を設定せよとの指令が。

ん~、祖母、傾完全縦走は一日じゃ無理だし、
ん~、もう一度海抜ゼロやるか、どこで?
ん~、九州本土唯一未踏百名山、開聞岳は?
おお、いい、僕も行ってみたかった。
よし、これにしよ。
でも、登って降りるだけじゃつまらない。麓を一周するか。地図で見るとぐるっと道がある。
つなげてみるとサザエみたいな軌跡になるな、これは。

午前2時九州道を南下開始。6時頃かいもん山麓ふれあい公園到着。

そこからまずは一般道を通り川尻漁港へ。そこで儀式。
九州自然歩道にもどって歩き始めます。
あれれ、いきなりトンネル。しかも長い。ところどころ明り取りが天井にありますが暗いし怖い。
ヘッドライトをつけ出口を目指しました。
トンネルが2つ続くもその後は、すばらしい眺望が待っていました。太平洋が輝いています。

開聞崎への下りはちょっとビビリましたが目の前に現れた風景に超感動でした。
ひたすら海を見ながら麓の道を歩いていると、釣りに来た人や、畑の世話をする人とすれ違い、挨拶をかわし、
とっても、のほほんとした空気の中のハイキングみたいでした。

一周して駐車場に戻り距離約15km。Mにとっては十分なアプローチです。
二合目が登山口になっています。
登山道はどこか宝満山に似たような雰囲気で僕にとっては比較的歩きやすい道でした。
しかし、この日は登山客が非常に多く、あちらこちらで渋滞が起こっていました。
頂上付近の岩場をとおり約2時間かけて頂上へ。
眺望はすばらしいのですが、頂上には上がってくるすべての人を収容できず、みな急いで昼食をとり交代です。
下りはさっさか降りたいのですが、やはり渋滞で、思うように下れません。
すみませんすみません連呼で先に行かせでもらい、快調に下ります。

あれ、おなかがきゅるきゅるいってる。あ、痛い。痛みがきゅーっと下腹部へ。
やば、まだ八合目。急がないと大変なことになる。
ゆりさんを見捨てて全速力で降ります。意外にも今日は足の痛みは皆無だったので岩場降りもスムーズ。
砂利道は、走ります。50人くらい抜き、顔面蒼白冷や汗たらたらで登山事務所に駆け込み、、、セーフ。
1時間で降りれました。

さあ、登山の後は、本日のメインイベントが待っています。
指宿といえば、「砂むし温泉」。温泉の湧き出る砂浜で、ねっころがり砂全身にかけられて気持ちいい、のやつです。砂むし会館「砂楽」はすでに何十人ものお客さんが待っています。それでも回転が速いため20分待ち。
しばし待ち、番号が呼ばれ浴衣をわたされます。
すっぱだかに浴衣を着ていざ砂浜へ。
砂かけベテランのおばちゃんがスコップでかけてくれます。
暖かくて気持ちいい。10分間ですが至福のときを過ごせました。

片道4時間近い九州最南端への山登りでしたが非常に充実した一日となりました。

詳しい記録はゆりさんの記録を!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン