YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大崩山

きびなごさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

祖母山

2014/11/24(月) 01:44

 更新

大崩山

公開

活動情報

活動時期

2014/11/23(日) 08:08

2014/11/23(日) 16:16

アクセス:682人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,584m / 累積標高下り 3,632m
活動時間8:08
活動距離15.66km
高低差1,082m

写真

動画

道具リスト

文章

昨日、会社の清掃活動の後、昼からビール三昧だったので夜は早々とおネムに。早く寝れば早く起きて遠出できる!ということで大崩山に決定。
過去に一回だけ行ったことがありますがルートを間違えてモチダ谷から登ってしまったので大崩山の醍醐味を味わっていません。
8:10上祝子登山口スタート
8:30大崩山荘
10:00小積ダキ
11:00大崩山
11:30上湧塚
12:00中湧塚
12:45下湧塚
13:10袖ダキ
せっかく大崩山までに来たのに、このまま下れば普通の大崩登山。以前叔父夫妻から湧塚尾根と坊主尾根の間から登るルートがあると聞いていたので、ちょっと寄り道してみることに。ネットで調べると小積谷ルートというようです。

13:30湧塚分岐
14:40リンドウの丘下の滝
16:15上祝子登山口、終了
湧塚の尾根から小積谷の沢に出るとそこから沢沿いに登り始めます。踏み跡は全くといっていいほどありませんが時折テープとケルンがあります。細かいことは気にせず歩ける場所を探してひたすら登ります。両側が岩壁なのでルートを外れる心配はありません。
しばらくすると小積ダキの直下に到着、真下から見上げる小積みダキも圧巻です!
さらに進むと左側に滑滝が現れます。
ここの右側からリンドウの丘に登るようですが、ここでタイムアウト、やむを得ず撤退です。
滝まではモチダ谷に似た感じでしたが、石が大変滑りやすく、かなり荒れています。
滝から上は、さらに危険な箇所かと推定されます。不用意な入山は避けたほうがいいかもしれません。

これでまたやらなければいけないことが増えました。
本日一番疲れたこと、車の運転です。往復8時間超、疲れた~

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン