YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

飛龍で霧氷☆サヲラ峠で猿の群れ

500cさん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波

2014/11/30(日) 10:33

 更新

飛龍で霧氷☆サヲラ峠で猿の群れ

公開

活動情報

活動時期

2014/11/24(月) 07:07

2014/11/24(月) 14:47

アクセス:143人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,104m / 累積標高下り 3,246m
活動時間7:40
活動距離15.96km
高低差1,477m

写真

動画

道具リスト

文章

撤収して、歩き始めたのは0705(笑)
テンバをでて、朝イチから登りが30分ぐらいです。それからは、小さなアップダウンを繰り返し、禿岩?手前で、登りがややきつくなりました。そこまでは、空が暗いのと寒さでテンションさがってましたが、禿岩辺りから、雲がきれはじめ、奥多摩と富士山の展望で、長いこと楽しみました。

飛龍へのピストンは、下の分岐にザックをおいて、カッパだけ着て、手ぶらでピストン。
途中にあったモミノキについた、霧氷があまりにも綺麗で、ぽたぼたと雫の垂れるなか、撮影をしばらくしてました。
数十分後の帰りに通ったときは、すっかり霧氷は消えてしまってました。

飛龍から、前飛龍、熊倉、サオラ峠。峠で食事をしてると、なんかざーザーザーと、音が周りでしてて、よく見ると、猿の惑星?!かと思うほど。
たくさんの猿が。ボスザル?コザル、若猿、真っ赤な顔の猿、すごいたくさん。

奥多摩でこんなに沢山のサルを見たのははじめてです。私たちが彼らを指差して、話したりしてても。お構いなしに栗やドングリ?わ探してました。

そこから、静かなタワ?のような広場の道を下り、丹波ののめこいの湯を目指して下山。

16時だいのバスに乗る予定でしたが、温泉で時刻表をみてビックリ。
その時間のバスはなく、次は18時のバスになる。。。とうやら、10月に改定されたらしいです。

ということで、バスがくるまで、座敷の休憩所で、またしても昨夜の続きの反省会という酒盛り開始。

また、歩きたいルートかたくさんある山行となりました。

次は、金峰から、奥多摩駅まで歩いてみたいですね。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン