YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ヴルフガング・トレッキング・クラブ

サニーさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:ボーダーコリーの愛犬と共に夫婦で山中を駆け回る事(必ずしも頂上には拘りません)を私たちは「ヴルフガング-トレッキング」と呼んで励んでいます。どうぞヨロシク。福智山、宝満山、久住、時々日本アルプス…
  • 活動エリア:福岡, 大分, 熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

国東半島

2014/11/25(火) 13:40

 更新

ヴルフガング・トレッキング・クラブ

公開

活動情報

活動時期

2014/11/24(月) 08:47

2014/11/24(月) 16:17

アクセス:240人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間30分
  • 活動距離活動距離13.28km
  • 高低差高低差381m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,748m / 1,610m
  • スタート08:47
  • 1時間14分
  • 猪群山10:01 - 10:14 (13分)
  • 23分
  • 猪群山10:37 - 10:39 (2分)
  • 5時間38分
  • ゴール16:17
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

我々が主催する「ヴルフガング・トレッキング・クラブ」は…
犬たちが我々の友となる以前、運動、規律、友情のシンプルな三点セットで山野を駆け巡っていた時代に思いを馳せ、自分たち人間も群れの一員としてリーダーシップを取りつつ彼らに大自然での燃焼を満喫させ…そしてその見返りに絶対服従を要求しよう…という少々荒っぽいトレッキングクラブですwwフェイスブックで同名のグループも管理しています。https://www.facebook.com/groups/347469758766926/

国東峯道ロングトレイルT_4!!

我々は人間と犬の「群れ」ですから、車なんかもあっちこっちにあらかじめ置き散らかして、こちらから入山してあっちに下山…が基本です。
行った道をほとんど振り返らない”ブルフガング”です。(ヤバい時は引き返しますw)それもこれも頼もしい群れメンバーのお陰です。

今回は我々の愛犬(ボーダーコリー♂15~20K)の鎖場登攀力を試す挑戦のような感じになりました。

犬たちはそもそも人間の為に設置された鎖なんか、なんの役にも立ちません。登攀力はそもそも我々の数倍はあります。しかし無理と判断すると一切の動きを止めるか、ないしは左右のまき道を瞬間的に探ろうとする場合があるのです。ですから我々としては、滑落保険の為にザイルで確保したまま悠長に登攀を促すか、もう一つは犬専用ハーネスで完璧に固定して我々がプラス20Kgの荷重を全面的に引き受かるかの二択になります。
ところがついつい、この中間の気分で「まぁ登ってみよう…」てな事をやり勝ちなんです。疲れや面倒くささが原因で……これはもう最悪です。

今回は中山仙境下りのある一箇所(岩側面のトラバース)で、そんな失敗をしました。トラバースど真ん中で犬ハーネスを装着しなおす羽目に……この程度だったら普通はしないのですが、スリングで自分の確保などやってなければ少々危険だったと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン