YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鳩吹岩場ルートから紅葉の寂光院へ

みとなさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:三十路に入ってとうとう健診に引っ掛かり、仕方なく運動を始める。
    といっても運動音痴かつ病弱なので散歩しかできない。
    あ、近くに山がある…行ってみよう!

    …ハマった(;´д`)
    …でも高所恐怖症は治らない(;´д`)
  • 活動エリア:岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1982
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

各務原アルプス

2014/12/02(火) 16:00

 更新

鳩吹岩場ルートから紅葉の寂光院へ

公開

活動情報

活動時期

2014/11/30(日) 08:26

2014/11/30(日) 14:14

アクセス:299人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,156m / 累積標高下り 1,194m
活動時間5:48
活動距離11.63km
高低差300m
カロリー2534kcal

写真

動画

道具リスト

文章

鳩吹ー西山登山道のうち、唯一未踏だった岩場ルートに挑みました。
バリエーションルートです。
メジャーな低山とはいえ正式なルートとは認められていないので、自己責任で。

登りは大脇から入り、いつものパノラマルートから。
東屋、山頂はスルーして氷場ルートを下っていきます。
濡れた落ち葉が非常に滑りやすく要注意です。
「岩場キケン」を跨ぎ、尾根を歩きます。
尾根の末端まで行き、左から巻いて降りると沢にぶつかります。
キレットの一番下は沢で分断されているので一度降りなければなりません。

前回、ここからルートがわからず滝場ルートを辿ったのですが今回もわかりません。
結局滝まで降りて行ってしまいました。
綺麗だったのでいいんですけれど…。
仕方なく戻っていくと、降りきった所の近くに上方向への矢印が…わかりにくい!
逆ルートのほうがわかりやすいでしょう。

西側の登りもなかなか楽しいです。
滝場ルートより踏み跡もしっかりあります。
木曽川を右に見ながらのトラバースも、それほど危険とは思いません。
岐阜権現岩場よりも簡単。
しばらく登れば北廻りルートに合流します。

結局、YAMAPのルートはほぼ正しかったので、しつこくキレット底からの登り口を探すべきだったと反省。
ただしコースタイムは参考にならない。

あとは石原口に向かってダラダラと下り、継鹿尾に向けて登り返して下山、駅まで歩きました。
寂光院の紅葉はほとんど終わっていましたが参道は綺麗でした。
相変わらず混んでますが、ここはクルマでなく電車で行きましょう。

今回思ったのは、岩場よりも、粘土質の急斜面や落ち葉が積もった所の下りほうがよっぽど怖いということ。
鳩吹はハイキングで来られる方が多く、スニーカーを履いていることも多いですが、できれば登山靴は履いてほしいかな。
あと、この辺り全域が火気厳禁ですので気をつけてください。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン