YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

笙ヶ岳・小倉山・養老山・三方山

キースさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:主に東海圏内の山に登っております。雪山には行かず4月中旬から12月中旬までの間で活動しており、登山の合間にサイクリング(ポタリング)などもしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

養老山(岐阜県)・笙ヶ岳・三方山

2014/11/30(日) 23:18

 更新

笙ヶ岳・小倉山・養老山・三方山

公開

活動情報

活動時期

2014/11/30(日) 07:12

2014/11/30(日) 14:54

アクセス:218人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,475m / 累積標高下り 4,466m
活動時間7:42
活動距離27.31km
高低差677m

写真

動画

道具リスト

文章

今年最後(?)の登山になると思い、標高よりも長距離移動を要する山に行こうと決めました。市営の駐車場は9時からしかオープンしないので、養老の滝の上にある駐車場(土日は1日1000円)に車を止めました。早朝は管理人が誰もいないので、料金は後払いになります。

養老山地の最高峰である笙ヶ岳へのアタックは、人気がないのか、まったく人気がない・・・。踏み入れる人もそれほどいないのか、登山道らしいものも、ハッキリとはない。目印リボンを頼りに進めば迷う事はありませんが、コースアウトしてしまうのでは?という恐怖は、ずっと感じていました。8合目あたりからの上り坂は、まあまあきつかったです。笙ヶ岳からの眺望は樹木などがありサッパリです。

笙ヶ岳の頂上にいたのは5分程度で、すぐにアセビ平まで引き返します。そこからは尾根歩きで小倉山まで。ほぼ平坦な道をズンズン進むだけなのできつくはありません。ただ、眺望もそれほどよくありません。

小倉山の山頂で多くの人が昼食をとっておりましたが、ここには石製のテーブルやベンチが設置してあり食事するには最適の場所です。養老山の山頂など、何もありませんから。

小倉山山頂から養老山山頂まで15分ぐらいの道のりですが、階段が多い。坂道より階段の方がずっとしんどいですね。養老山山頂の眺望も樹木のせいで、よくありません。

養老山山頂から小倉山山頂へ戻ってきて昼食。養老町役場が作成した登山マップには「火器厳禁」とあるが、ほぼ全員がバーナーを使用していた(笑)。

下山途中に三方山(養老山脈で一番眺望がよいと言われている)に寄ってみましたが、確かに眺望いいですね。今回は天気に恵まれませんでしたが。

帰りのルートは階段ばっかりで苦手です。坂道の方がずっと楽だ。でも、階段が多いせいか、帰りは早い早い。あっという間に下山できてしまいました。

総移動距離は27kmと、まあまあの長さでしたが、楽しい山旅でした。あー疲れた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン