YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

家族で鎌倉天園ハイキング!

MASAさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:7歳の娘が富士山に登ってみたいと言い始めたので、高尾山にでも登れば山登りは辛いと知ってあきらめるだろうと思っていたら、思いのほか娘が自信をつけてしまい、以来、5歳の妹も妻も富士山に一緒に行くと言い出したため、家族での富士山登頂を目指し、関東圏の低山を中心に家族でハイキングしながらトレーニング中です。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

鎌倉アルプス(大平山・天台山)

2014/12/15(月) 20:20

 更新

家族で鎌倉天園ハイキング!

公開

活動情報

活動時期

2014/12/13(土) 13:21

2014/12/13(土) 17:46

アクセス:452人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 626m / 累積標高下り 713m
活動時間4:25
活動距離8.58km
高低差159m

写真

動画

道具リスト

文章

抜けるような青空に恵まれ、家族で鎌倉ハイキングです。

建長寺で拝観料を払って入山。
境内では『子どももちつき会』が丁度終わった頃でもちつきには参加できなかったものの、自分の手で餡子を搗き立てのお餅で包みんだ大福もちのご相伴にあずかることができ、「このお餅を食べて力持ちになったから山登りも楽に行けるね!」などと子供たちのテンションを上げておいて、しょっぱなのへこたれゾーンである250段の石段をおだてて登り切りました(笑)

電車を降りてから境内までは穏やかな陽気でしたが、石段を上りきった建長寺の1番上『半僧坊』あたりから強い風が吹きはじめ、たまにちょっと恐い位の突風が吹くほど。
これが天狗の団扇の力⁉︎とビビりつつも、強い風が雲をを吹き飛ばしてくれてるおかげで遠く富士山をきれいに臨むことができ、子供たちと「きっと来年は富士山に登るぞ!」と決意も新たに強い風に立ち向かって歩きます。
最高気温は本日11℃でしたが、強風により体感気温は1けた前半位に感じました。
しかし建長寺〜天園峠の茶屋までは、子供たちはベースレイヤーにフリースのみの軽装ながらこの寒さを苦にしていない様子だったので、先日モンベルで買っておいた子供用のベースレイヤーがすごく役立っていることを感じました。

半僧坊上の展望台から建長寺の境内は終わり、森の尾根道を行く時には木々が風防になってくれているのか強い風は収まり歩きやすい道が続きます。

太平山山頂付近ではみなとみらいのランドマークタワー越しにうっすら見えるスカイツリーと東京湾を望み、反対側に太陽が沈みゆく相模湾を一望できて、159mの低山とは思えない素晴らしい眺望でした!

山頂を越えてすぐの『天園峠の茶屋』で大休止。
『天園峠の茶屋』では何か注文すればテーブルベンチで休憩が取れ、店員さんに「店内奥の吹きっさらしのテーブルならガスコンロを使っていいよ」と許しをいただいたので、いつものワンバーナークッキングを開始したものの、風通しの良い吹きっ晒しに予ねてからの強風でさすがに身体が冷えてしまい、リュックの中からダウンジャケットやフリースなどを取り出し着込んで寒さをしのぐことになりました。
寒さに鼻水たらしながらも着込んだことでかなり落ち着いて、子供たちは『甘いミルクティー』大人は茶屋に注文した『生ビール』に『じゃがりこマッシュ』と『マルタイ棒ラーメン』で3時のおやつ代わりの栄養補給。食べてる間に茶屋の店員さんたちは3時半で撤収、「4時半ぐらいにはもう辺りは暗くなってしまう」との事なので、こちらも急いで食べ終わり撤収。

きれいな夕焼けの中、天園〜瑞泉寺の予定ルートでは明るい内に下山することは難しいと判断しルート変更。天園近くの分岐からより短距離で街灯ある住宅地を通り鎌倉宮へ抜ける谷川沿いのルートを行くことに。
夕焼けに映える富士山の遠景、頭上に紅いモミジと足下には落ち葉で覆われた紅い登山道、木から木へリスが飛び交い下山を急ぐはずの脚が度々止まってしまう見所が満載でした!

鎌倉宮のBIG獅子ヘッド様に数々の素晴らしい景色と無事の下山を感謝して、住宅地を通過、工事中で通行止めになってる鶴岡八幡宮参道を横目で見遣りながらゴールの鎌倉駅に到着しました。

ゴールして見ると、約8.5kmと今迄の親子ハイキング最長距離を記録しており、良く頑張って歩き切った子どもたちに感心。

反省点は、よく晴れて市街地も近いからと雨具は折り畳み傘のみで『レインウエア』を持っていかなかったこと。持っていればウィンドブレーカー代わりに使えたので、より寒さをも和らいだろうと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン