YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

日光男体山

やすのりさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:関東甲信越の百名山を中心に登っています。好きな山は、北岳、笠ヶ岳(北アルプス)、谷川岳、武尊山 等です。日々、山のことばかり考えています。
  • 活動エリア:山梨, 長野, 群馬
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

日光白根山

2014/12/14(日) 13:09

 更新

日光男体山

公開

活動情報

活動時期

2014/12/13(土) 09:08

2014/12/13(土) 17:13

アクセス:215人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,661m / 累積標高下り 1,649m
活動時間8:05
活動距離6.63km
高低差1,207m
カロリー3717kcal

写真

動画

道具リスト

文章

約1年ぶりに日光男体山へ登ってきた。天気予報では、一日中雪の予報だったが、それでも良しと男体山へ向かう。男体山はこの時期閉山されているため、冬季登山口?から9時過ぎに入山。四合目を過ぎたあたりから雪が出始め、五合目あたりで1~2cm位の積雪があった。登山開始時には晴れ間も見えていたが、五合目を過ぎたあたりから雪がちらつき始め、八合目あたりで本降りとなってきた。積雪も8合目あたりから2~30cm、深い所では50cm位あった。トレースは無く、新雪を歩くのは始めは気持ち良かったが、だんだん雪が深くなり嫌になってきた。9合目を過ぎ森林限界に出ると積雪は浅くなったが、吹雪いていて少し寒かった。
頂上に着いても展望は全く無く時間も遅かったので、記念写真だけ取り直ぐに下山。登りはアイゼンを装着しなかったが、下りは装着。降りるにつれ雪は弱まり一時晴れ間も出たがそれも一瞬で、終始雪がちらついていた。
思ったより登りも下りも時間がかかり、登山口に戻ってきた時にはすでに日は暮れ夜だった。
結局、この日は誰一人とも会わず、入山したのは自分一人だけだったようだ。(男体山はこの時期でも、一日に入山者は何人か居るのだが)
今まで山に登って一人も会わなかったのは今回が初めて。(以前、天気が悪い日に平ヶ岳に登った時に2人しか会わなかった時があったが)

バスでJR日光駅まで戻り、駅前の日光ステーションホテルの日帰り温泉(¥700)で汗を流し帰路に付いた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン