YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

京都国際ホテル閉館

タケちゃんさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:みなさん こんにちは。僕と山との出会いは実家近くの裏山の採石場です。今は跡形もありませんが小学生にとっては本格的?な岩場でした。
    20年前に過去の無理な行動が原因なのか半月板損傷で手術をしました。もうダメかなと思うくらい下山は辛かったです。それからはマイペースで自転車+ストックを頼らない自己流の登山で復活しました。以前は灯台もと暗しで地元の山は全く登らず信州ばかりで写真も撮らないそんな登山でした。これからはみなさんのいいところを見習ってゆっくり山を楽しみたいと思います。
  • 活動エリア:愛媛, 鹿児島, 沖縄
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

京都市・向日市

2014/12/16(火) 19:01

 更新

京都国際ホテル閉館

公開

活動情報

活動時期

2014/12/14(日) 07:56

2014/12/15(月) 00:44

アクセス:176人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 320m / 累積標高下り 286m
活動時間16:48
活動距離2.03km
高低差163m

写真

動画

道具リスト

文章

12月26日の朝食で閉館する京都国際ホテル。
ハイクラスビジネスホテルの登場で、所謂、シティホテルが中途半端な存在となってしまった。このホテルの隣はANAクラウンプラザホテルで、自分はこちらでの滞在が多かった。当初、京都全日空ホテルとして運営されていたが、いつの間にかクラウンプラザと提携していた。

そんな再編や合併が多いホテル業界で、京都国際ホテルはずっと単独で藤田観光が運営してきたと思う。
掃除をする方やハウスキーピングの方々に年配者が多く、このホテルと共に人生を歩まれてきた方がほとんどだろう。
感じるホスピタリティの質が違う。きっとどんなにきれいな女性をフロントに配置しても、ハイクラスビジネスホテルでは得られないだろう。

登山道具を自分で製作していた腕のよいおいちゃんの店が地元にあったのを懐かしく思う。お客さんへ転換できないから店舗も普通の家みたいな店だった。でも、ネットで売りまくる今のショップには絶対にない気持ちが、その店の製品にはこもってた。いつも笑顔のおいちゃんだった。

京都国際ホテルのホテルマンも、若い朝食担当の女性もいい顔してたな。本当に厳しい仕事なのに。
残念だけどそんなホテルがまたひとつ姿を消す。札幌のカジタが既になくなってたのも知らなかった。残念。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン