YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

冬の陽だまりハイク 百蔵山~扇山

いのとんさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1958
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

百蔵山・扇山

2016/09/05(月) 08:52

 更新

冬の陽だまりハイク 百蔵山~扇山

公開

活動情報

活動時期

2014/12/19(金) 07:22

2014/12/19(金) 14:29

アクセス:293人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,782m / 累積標高下り 5,836m
活動時間7:07
活動距離20.39km
高低差934m

写真

動画

道具リスト

文章

強い寒気が去った日、百蔵山と扇山に登ってきた。
駅から百蔵浄水場までタクシーで行こうかとも思ったが、駅前にいなかったのでウォーミングアップも兼ねて歩くことに。
中央道をくぐり徐々に傾斜がでてくる舗装路をのんびり行く。
ところが、ぼんやり考え事をしつつ歩いていたら、あろうことか道を間違えてしまった。山ではなく住宅街で間違えるとは情けない。15分程のロスで本来の道へ。浄水場裏から登り始めて小1時間ほどで無人の百蔵山頂へ到着。東西に長いこの山頂には桜の木が多いので、春には富士山を眺めながら花見ができるという贅沢な山頂だ。
まだ時間が早いので、そのまま扇山へ向かうと一旦コタラ山へ急降下、せっかく登ったのに勿体ないと思いつつ暫く行くと扇山への登りとなる。右手後方に真っ白な南アルプスが垣間見えるようになると扇山山頂は近い。山頂には先客が2人いた。
ここで昼食を取り、大野貯水池経由で四方津駅を目指す。途中の犬目丸は小さなピークで見晴らしも良いので、扇山山頂で人が多い時には、ここで大休止するのも良いかもしれない。
談合坂サービスエリアのすぐそばを通り大野貯水池へ。此処も桜の木が多いところだ。
四方津駅へはここから歩道のない舗装路を行くが、車が結構飛ばしているので、特に陽が落ちてからは気を付けた方が良いだろう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン