YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

武川岳・二子山

せのさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:妻と息子が山の日生まれ。子供が歩けそうな山にはファミリーで登る二児(6歳と1歳)の父。栃木県宇都宮に生まれ幼少期から親父の山行、ハイキングで野山に親しむ。
    高校生からは音楽に目覚め、めっきりインドア派となり、親父のお誘いは適当にスルー。大学生、社会人になってからは年に2、3回、帰省するタイミングでお供する程度だったが子供が生まれピクニックやバーベキュー、キャンプ、ハイキングなどの外遊びを通じて、再び自然の美しさと厳しさに惹かれるている。

    山用テントも準備したところで、さてどこをどう歩こうか。ピークに拘らずお気に入りのトレイルを見つけたい。
  • 活動エリア:東京, 埼玉, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:栃木
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

武甲山・伊豆ヶ岳・子持山

2016/10/26(水) 10:05

 更新

武川岳・二子山

公開

活動情報

活動時期

2015/01/10(土) 08:55

2015/01/10(土) 14:48

アクセス:218人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,508m / 累積標高下り 1,524m
活動時間5:53
活動距離11.76km
高低差764m
カロリー2728kcal

写真

動画

道具リスト

文章

年末に名郷から鳥首峠〜大持・子持山〜武甲山〜浦山口駅まで歩いたが、YAMAPを起動するのを忘れてしまった。今回はその東側尾根を行く。一日中風が強く吹いていた。

天狗岩の岩登りは大人ながらにワクワクしながら登る。武川岳に山頂でコーヒータイム。
ここまでハイカー、ランナーの2人にしか会わなかったが、山頂での休憩中に7人が登ってきた。先に出発した二人は妻坂峠方面へ。私は二子山方面へ。
焼山からは開けた景色が広がる。北西方面の山々を眺め、その山様からは両神山し分からず、もんもんと地図を眺める。武甲山も目の前に。
(ここでランチタイムにすべきだった。二子山 雌岳は日陰、眺望なし)

焼山からは急な下り。その後もアップダウンをくりかえす。
道中、二子山方面へ北東(右)に折れるところがあったが、誤ってそのまま尾根沿いを進んでしまい、道が消えた。ここにまでピンクリボンはあるのに。
地図とコンパスを確認し分岐まですぐに引き返す。道標はないが、明らかに二子山へ続く道らしい道。
二子山 雄岳への急登は極短いが、後半戦ともなると疲労が来る。
武甲山の削らけた痕が生々しく見える。
雌岳まで行き小休止。
湯を沸かしスープとおむすびとお菓子。そして一服。
雌岳からの下り序盤はザレて滑りやすい急勾配。ロープを伝ってなんとか転ばずに下りる。
浅間神社へ下るがメインルートのはずが、氷柱を作ってるとかなんとかで通行止め。
沢沿いの道に出てからは岩がゴロゴロした落ち葉満載の道をいく。
下山中のおばあちゃんとお孫さんを追い抜き、早足で下山。
目的の電車に間に合った。

芦ヶ久保駅は氷柱目当ての観光客で賑わっていた。駅から徒歩10分という幟が出ていた。
私も見てくればよかったかな。

7:50飯能駅🚌8:00
9:00名郷BS 🚻9:05
10:00天狗岩 男坂10:10
11:00武川岳11:30
12:20焼山12:25
13:10二子山 雄岳13:15
13:25二子山 雌岳14:00
14:40芦ヶ久保駅14:53

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン