YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

岩古谷山(2015.1.12)

MATSUさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:はじめまして、MATSUといいます\(^o^)/
    登山をはじめてまだ間もないですが、コツコツと知識を学んではじめは低山から、最終的には大きな山に挑戦していきたいと思ってます(^∇^)
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

鞍掛山(愛知県)・岩古谷山・宇連山

2015/01/18(日) 08:29

 更新

岩古谷山(2015.1.12)

公開

活動情報

活動時期

2015/01/12(月) 08:28

2015/01/12(月) 14:08

アクセス:240人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,043m / 累積標高下り 1,013m
活動時間5:40
活動距離5.38km
高低差354m

写真

動画

道具リスト

文章

設楽町、岩古谷山へ行ってきました!

ここ岩古谷山は短い活動時間で本格的な登山を味わう事ができ、数々の自然の作り上げたシチュエーションに出会う事ができます。ただし、東海自然歩道難所の一つとも言われるだけに道中危険な箇所があるので常識ある行動で慎重に進みましょう。

道中出会ったポイントは急激な坂道を一気に登る13曲がり、山頂へ続く絶壁に設けられた梯子、木や鉄でできた歩道、三ツ瀬明神山や付近の山々を眺める事ができる岩古谷山山頂、割れ岩、鎖場、巨大な岩の数々、洞窟のような岩のトンネル、コウモリが住む穴、冬だけに巨大霜柱、氷柱の群集、凍てついた男滝、女滝など短い時間で沢山のポイントに出会えました。
中には冬山ならではの今しか見れない光景もあり、四季により表情の変わる日本の山を体験する事もできました。

はじめは岩古谷山→鞍掛山へと進む予定でしたが、道中同行者に体調不良を感じたためにエスケープルートで今回の岩古谷山→堤石トンネルルートに変更しました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン