YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

登初め 雪・久住

とっさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/06/10(金) 18:34

 更新

登初め 雪・久住

公開

活動情報

活動時期

2014/01/12(日) 07:05

2014/01/12(日) 12:59

アクセス:430人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,800m / 累積標高下り 1,814m
活動時間5:54
活動距離13.01km
高低差572m
カロリー3391kcal

写真

動画

道具リスト

文章

やっぱり、登山前日は眠れません。
寝床では、どういうルートで登ろう、大曲まで上がれるだろうか、だめだったら長者原に引き返すか、チェーン持ってるけどタイヤにはめた経験ないぞ、などなど頭の中は勝手に思考中!

約2時間の睡眠で5時起床。
筑紫野インター時点で-1℃...日田インターー3.5℃...やばいんじゃない?
心配性の私は長者原あたりは-10℃くらいになっているんじゃと想像。
結果、大曲Pまで余裕で行くことができ、車もゆっくり停めれました。

登初めは、三俣山と決めていたので最も楽な大曲登山口を選択。
7:05出発、諏蛾守越、西峰を経て本峰まで。強風と地吹雪のため南峰はパス。
9:00にすがもり小屋に戻る。
時間はあるし、いろいろ登ってみよう、ということで久住分かれ方面へ。
北千里のチョロチョロ川が完全に凍っていてその上を滑って進みました。
9:30久住分かれ着。このあたりから登山客が増え始めました。

9:50天狗ヶ城、10:00中岳、10:30稲星山、11:00久住山。
この日は風が強く、特に稲星への登り、稲星から南谷へ下る稜線の風はハンパなく、何度も飛ばされそうになりました。
星生山まで何とか行きたかったのですが、古傷の右膝痛が出始めたためこれにて終了。
すがもり小屋でインスタント蟹雑炊とラーメンを食べて大曲へ。
とても充実した山行でした。

大曲Pで事件が。一台の軽が駐車場から出れずに空転中。押すのを手伝っても出ず。
そこで私の車で引っ張ってあげることに。というか軽のおじちゃんが引っ張ってくれと。
不安はあったが、ロープでつないでアクセルを踏む。予想通り、私の車も空転。
チェーンを装着するしかない。意外と簡単に装着成功。 ガリガリバリバリガリガリ、脱出成功。
礼は要らないぜ、とスマートにその場を離れ、数百メートル走って、チェーンをこそこそ外す。
それは、あまりかっこよい姿ではありませんでした。

どこかで風呂に入りたいと、運転しながらきょろきょろ探すと、左手に「山里の宿」なる温泉宿を発見。本日はここで疲れをとりましょう。泉質は高濃度炭酸泉で体中にプチプチ泡が張り付き、ぬる湯でしたが、とてもよく温まりました。
この宿、かつては、すがもり小屋を営んでいたそうです。へー、でした。






コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン