YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

冬靴履いて御前岳・釈迦岳周回

ゆりさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2013年10月,仕事仲間と宝満山に登ったのがきっかけで山にハマってしまいました(*´з`)
  • 活動エリア:福岡, 熊本, 大分
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:
  • その他 その他

御前岳(福岡県・大分県)・釈迦ヶ岳

2015/01/26(月) 12:38

 更新

冬靴履いて御前岳・釈迦岳周回

公開

活動情報

活動時期

2015/01/24(土) 09:01

2015/01/24(土) 13:20

アクセス:696人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 868m / 累積標高下り 876m
活動時間4:19
活動距離7.96km
高低差577m
カロリー1819kcal

写真

動画

道具リスト

文章

09:01 杣の里渓流公園(御前岳登山口)
09:45 林道出合い 靴紐調整 ~09:50
09:55 第2登山口
10:48 御前岳(権現岳)10:50
11:32 本釈迦
11:40 普賢岳(マイクロウェーブ・展望台) ~12:12
13:20 杣の里渓流公園(御前岳登山口)

合計時間:4時間19分(休憩34分)
合計距離:7.97km
最高点の標高:1203m
最低点の標高:615m
累積標高(上り):677m
累積標高(下り):678m
歩数:16000


★18日の宝満山山行の時の会話
yossyさん:「僕があげた靴は履きよる?」
私:「嫌,1回お試しに小岱山に履いて行っただけ」
yossyさん「あれ冬靴やけん今履かないと」
私:「あれ冬靴なん?え~~早く言ってよー。朝駆けの時なんか特に冷たい思いしたんだよ~」 ←これ文句w
yossyさん:「言ってなかったけ?」
私:「聞いてないよ」 ←これも文句w
A田さん:「見れば判るやろー」 ←これは呆れ言葉

といことで,yossyさんから譲ってもらった靴が冬靴だと知り,早速試しに行かねばと思った私でした。

★前日のこと
24日のくじゅう(中岳)のてんきとくらすを確認すると,晴れで登山指数もA。しかも,牧ノ戸峠のライブカメラを見るとたっぷりと雪も有る!
ということで,最高の雪山山行日和だよ~とみそさんを誘ったけど,日曜日に山に行くから行かない!ときっぱりお断り。ちょここちゃんは白川郷に旅行だし…。雪と戯れるツレが居ないwのでくじゅう行きは止めにして,単独で福岡県最高峰の釈迦岳に行くことにしました。

★冬靴履いてスタート
譲ってもらった靴はサイズが大きいので靴下を2枚履き。しかも,冬靴なので厚みある上に,私の足(ふくらはぎ)が大きいので,ゲーターがギチギチ(-.-)。
それでも,ギューペタンとマジックテープで留めて出発!!
ところが,歩き始めてすぐにふくらはぎに痛みが…(*_*) 締め付けたゲーターが原因だろうということでゲーターを取り外して再スタート。でも,痛みは治まらず…。
靴紐を少し緩めて歩き出す。
まだ痛い。再度靴紐を緩める。
こんな調子で何度も立ち止りながら,林道に登り詰めました。ここで,腰を下ろして靴を脱ぎました。ここで引き返して下山しようかな…と思ったけど,再度靴紐を緩めに締めて再出発です。
結局,痛みが続くので靴紐は飾りのような状態にゆるゆるにすると,御前岳山頂を目前にしたところで痛みがようやく治まりました。

★御前岳から釈迦岳へ
スタートしてすぐに抜いて行かれた男性3人組が御前岳で休憩中。その隙に先に縦走路に入りました。痛みが治まればこっちのもの。ガシガシと歩いて行きました。
予想通り,縦走路には雪が積もっていて樹氷まで!!もうウキウキ気分で進んでいきました。釈迦岳を見上げると2名の方が登っているのが見えました。この方達の足跡だったのねと思いながら,ナイフエッジの岩を登り始めました。アイゼンが必要かなと思いましたが,新雪でしたのでその必要は有りませんでした。

★釈迦岳から普賢岳(レーダードーム)へ
私が釈迦岳に登り上がったところで男性2名は下り始めていらっしゃいました。ここで昼食を摂らないのね…風もあるし狭いしね!私も普賢岳で昼食を摂ろうと思って,すぐに山頂を後にしました。普賢岳に着くと,やはり男性2名もいらっしゃいました。
ご挨拶をした後,いつものキムチスープで雑炊を作ろうとガスバーナーを取り出したけど,ガスが空っぽでした。そうでした…宝満山で空になったのに取り替えていなかった…(*_*)
男性にバーナーを少し貸して下さいと厚かましく頼むと,男性はカップ麺用に沸かしていた鍋を外して私に貸して下さいました。心も体も暖まる瞬間でした(^.^)

★ガシガシ下る
単独なので昼食も早々に切り上げて,男性2名と後から来た男性3名にご挨拶をして,下山開始しました。
すると,新雪の上には動物の足跡のみ。トレース無しの雪道をルンルンと歩いていったのでした。もちろん,標高を下げて行くと雪は無くなりましたが。

★未だ通行止め
北部九州豪雨により荒れていた道も舗装工事が完成して,砂防ダムも出来上がっていましたが,まだ通行止めは続いています。
崩壊現場のガードレールの工事をするのでしょうか・・・
通行止め解除はいつなんでしょうね

★冬靴の感想
いやはや最初はどうなるかと思いましたが,紐を緩めることで痛みから解放されました。
やはり冬靴!足の冷たさは感じませんでした。この日の気温が高かったこともあるでしょうが(*_*)
でも、ガッチリしているので歩いているとロボットのような気分になります…凍傷の危険性を考えれば多少歩きにくくても我慢しないといけないのでしょうね(>_<)
好日山荘で12本アイゼンを購入した時,伯耆大山には冬靴じゃないとダメですよ~と言われていましたが高額なので二の足を踏んでいました。ところが,何と私は冬靴を持っていたのでしたーーww
yossyさんに改めて感謝です(*´ω`)

★靴が大きい時の調整
写真のみで記録アップすると,こっこさんから,大きいときの調節は厚手のインソールとオリジナルのインソールの2枚重ねにしていますとコメント有り。さらには,たかちゃんさんから「靴が大きい時インソールで調整するならSOFSOLEが厚みも色々あるし、安い!選ぶときはオリジナルのインソールを持って行ってオリジナルより少しだけ大きい物をハサミで切って合わせます。九州ならデポ?に売ってるかな〜 」とアドバイスを頂きました!有難うございました(^^)

日曜日の高良山山行の帰りに早速スポーツデポに寄って帰り,インソールを購入して帰ったのでした。残念ながらSOFSOLEは置いてありませんでしたが,ホットインソールなる物(598円)がありましたので,それを購入して帰ったのでした。
今度はインソール2枚重ねで試してみたいと思います。

2015.1.27

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン