YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

箱根の神山

hiroさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介: 2014年、夫婦で体力作りをしようとお気軽トレッキングのつもりで始めましたが、半年も経たないうちに山小屋泊、テント泊までするようになってしまいました。時間のあるときには泊まりで、忙しくても日帰りで2週に1回をめざしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

箱根山・金時山・神山

2015/01/25(日) 04:28

 更新

箱根の神山

公開

活動情報

活動時期

2015/01/24(土) 09:15

2015/01/24(土) 15:14

アクセス:254人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 626m / 累積標高下り 633m
活動時間5:59
活動距離6.13km
高低差404m

写真

動画

道具リスト

文章

 どこに行こうか朝まで迷っていて、出かける寸前に箱根に決めました。大涌谷に着いたら、車外温度計は、1℃と表示していました。また、細かい雪が舞っていました。寒いし、どうしようかと思いましたが、せっかく箱根に来て、駐車場代も払ったのだから、行けるところまで行こうと出発したのが、9時をとうに過ぎていました。
 登って行くに従って道に増えていく雪に、帰りは大変だと思いました。そうなんです。アイゼンを持ってこなかったのです。箱根でなくて、埼玉の宝登山に行くつもりだったたので、アイゼンをザックから出してしまったんです。
 帰りの不安を抱きながらも最低でも神山までと思いながら、ゆっくりゆっくり登っていきました。登山道の状態は、写真を見ていただければおわかりと思います。
 神山に着くと欲が出て、20分くらい悩んだあげく、駒ヶ岳を目指すことにしました。これがまた滑る滑るでしたが、何とか大涌谷との分岐までたどり着きました。一度、駒ヶ岳の方に進みましたが、またつるつるの道を上り下りするのはちょっとと思ったことと、時間も余裕を持たせたかったので、戻って大涌谷方面に進路を変えました。帰りもつるつるの下りをゆっくりゆっくり下りてきました。お陰で、今日は、私も妻も一度も転ばずに無事に戻れ、大涌谷でたまごのソフトクリームを食べたり、黒たまごを買ったりとゆっくり過ごせました。
 大涌谷まで、あと15分くらいのところで、観光客の外国人の男女と会いました。この道は、どこに行くのだと聞かれたので、神山と答えました。その後、先に行けるかと聞いてきたので、君のその靴では、無理、道には雪がたくさんあると教えてあげました。がっかりした顔をしていましたが、しかたないでしょう。たぶんそういうやりとりだったと思います(笑)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン