YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

目指せ‼︎冬の称名滝‼︎ 雪崩の巣窟⁉︎スノーシューハイク

PANTARAさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

立山

2015/01/29(木) 20:20

 更新

目指せ‼︎冬の称名滝‼︎ 雪崩の巣窟⁉︎スノーシューハイク

公開

活動情報

活動時期

2015/01/25(日) 07:59

2015/01/25(日) 15:52

アクセス:1505人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,714m / 累積標高下り 1,718m
活動時間7:53
活動距離15.29km
高低差546m

写真

動画

道具リスト

文章

私達は、冬の称名滝に会いに行くことにしました。落差日本一の称名滝、今の時期どんな顔をしているのかこの目で見てみたくなったのです!昨年の2月には隣に流れるハンノキ滝の氷瀑を登攀した方が!凄すぎるΣ(゚д゚lll)
日本一の称名滝、冬も日本一の様相に違いない。
コースは道路上ですが、冬季封鎖されており、かなりの積雪、雪崩多発地帯なので、過去に 冬の称名滝へ向かった人の記録をネット等で情報収集し称名滝へと向かったのでした。
前日に、気温が高く、雪崩注意報が出ていたので、レストハウス称名を、第一目的地。その先は状況次第としました。お約束の「無理をしない」で‼︎
藤橋のゲートから桂台まで除雪されていると思っていた除雪道はたった1キロ程でストップ。そこからひたすらラッセルを強いられ、かなりしんどい。けれどもまだ誰も足を踏み入れてないまっさらな新雪に足跡を残す。この世界には私達以外誰もいない。なんとも言えない感動が味わえました。
進むほどにみるみる標識やポールが低くなって積雪が多くなっていきました。途中幾つかデブリの上を横切り、ラッセルを続け、全員かなり疲弊とペースダウン。(−_−;)予定を変更して、目的地手前のスノーシェッドで昼食。
パワー回復後、第一目的地のレストハウス称名まで到達。無雪期はここまで車で、これるのに!長かった!
称名滝まであと少しですが、ここから先のルートが情報どうり雪崩の巣窟。リスクが高いのと、進めてもデブリとさらなる積雪でかなりの時間を要しそうな状態。リミットも近いので、戻る事に。
残念!残念すぎる!
時期が早過ぎたのと、スノーシューでは時間と体力を使いすぎる気がしました。スキーの方が良いのかも。次回までにもっとパワーアップしなくては!と痛感(~_~;)
条件の良さそうな時を見極めてきっと冬の称名滝を間近で見るぞ‼︎と誓い、家路へと向かうのでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン