YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

冬の中津明神山

D-A-Nさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:四国内を中心に、たまには本州名峰・高峰にも挑戦したり自由気ままに山登りを楽しんでいます。九州のお山にも登りたいと思っている今日この頃!皆様よろしくお願いします!
  • 活動エリア:高知
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:高知
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

四国遍路その14

2015/02/04(水) 16:29

 更新

冬の中津明神山

公開

活動情報

活動時期

2015/02/04(水) 09:49

2015/02/04(水) 13:43

アクセス:543人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,651m / 累積標高下り 2,313m
活動時間3:54
活動距離10.67km
高低差920m

写真

動画

道具リスト

文章

久しぶりの自由時間に、前回大雪のため登頂を断念した中津明神山に再トライ!

午後から天気が崩れるとの事で、昼前には山頂に着くと計画し、中津明神山登山口に向かうが、吾川スカイパークから上は工事のためまさかの通行止め…(^^;
どうするか思案していると、山頂に向かう山道の脇に、工事個所をパスして上の登山道に出れそうな道を発見し、そこから登山開始!登り始めると、この道は古い登山道につながっていて登れるが荒れていた。途中から登山道は枯れた沢の急峻なガレ場となり、そこを登りきると山頂に向かう山道に出ることができた!
今回は山頂に向かう山道を進むみ、ひたすら山頂を目指すがやっぱり遠い(^_^;)車ならあっという間なのになぁ…

標高1000mを超えたあたりから雪の量が増え、雪道をひたすら歩く。最近歩いたような足跡を追いかけながら歩いていると、途中からワカンかスノーシューを付けた様で、その頃は今日より雪が多かったものと思われる。

山頂手前でその足跡は消え、どうやら山頂には行かずに下山した様子。
足跡の消えたあとは、積もったばかりの雪を踏みしめながら山頂を目指す。この頃から雪が降り始め、遠くで雷鳴も聞こえる。山頂までの最後の登りを登りきると、電波塔が立ち並ぶ展望の良い山頂にたどり着いた。

天気が良ければ石鎚山や瓶ヶ森、筒上山が間近に見える展望の良い山だが、今日は残念ながら望めず(^_^;)
しかし、すぐ横の雑誌山に向かう尾根は綺麗に見え、南西には平らに削られた鳥形山も望めた。
また遠く東には剣山系の山々、南は太平洋も見えてとても展望の良い山頂!

天気も崩れ始めたので昼食をとり下山。
山頂まで2時間半かかった道のりも下山は1時間半。雪道を楽しみながら楽々下山(^^)
今回もアイゼン無しで登頂したが、凍りついたアスファルトの道だけはツルツルでどうしようもなかった(^^;

中津明神山は雪山でしか登頂したことがないので、次回は暖かい無雪期に登って綺麗な四国山地を見てみたいな!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン