YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

大荒沢岳(貝沢登山口からピストン)

an(アン)さん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:幼少の頃に覚えた渓流釣りがエスカレートして、カジキまで釣ってしまった釣りキチです。山には釣りの他にキノコ採りで入山していたので、GPS機器が無かった昔は、地形図やコンパス、高度計を見ながら山の中を歩き回っていました。
    また、写真も好きで初めて1983年に一眼レフカメラを買って以来、一時離れた時期もありましたが今も趣味として継続中。自然風景、高山植物が好きです。
    岩手県大船渡市在住。
  • ユーザーID:111287
    性別:男性
    生まれ年:1963
    活動エリア:岩手, 秋田, 青森
    出身地:岩手
    経験年数:10年以上
    レベル:初心者
  • その他 その他
和賀岳・薬師岳・高下岳

2016/10/24(月) 16:56

 更新
岩手, 秋田

大荒沢岳(貝沢登山口からピストン)

活動情報

活動時期

2016/10/23(日) 08:25

2016/10/23(日) 14:11

ブックマークに追加

文章

一ヶ月前から予定していた「大荒沢岳」。
秋田駒ヶ岳で一緒した西和賀登山ガイドの仮名「み―ちゃん」がこの日パトロールに行くというので、お供として同伴しました。
他に、同じく秋田駒ヶ岳で一緒した仮名「か―ちゃん」、かつすけ隊長率いる「変〇ワンダーフォーゲル部」部員の女子2名。男1名女4名の計5名の山行となりました。

和賀山塊は、同じ岩手県内なのに遠く山深いところであり、多くの人は「熊の宝庫」と言うイメージがとても強く、近寄りがたい場所です。
そういう意味で、山行きを始めた時から足が向かない、一人では行けない場所となっていました。

このコースを行ってみて感じたことは、刈り払いを始め、良く整備された登山道であることと、思いのほか和賀山塊の山々が男らしく雄大であったことがあげられます。
晩秋の紅葉の時期でもあり、登山口に近いところの樹林内は紅葉が美しく、高度を上げると共に落葉となって登山道は落ち葉でフカフカだった。

稜線、山頂など眺めの良い場所からは、紅葉が終わってまだ葉の付いた落葉樹林帯の斜面が茶色くなっており美しかった。あと一週間から二週間早ければ素晴らしい紅葉が見られたに違いない。来年のためこの情報はキープするしかないだろう。

大荒沢岳・沢尻岳ともに山頂眺望は良く、近くに岩手山・秋田駒ヶ岳、遠くに早池峰・薬師岳、五葉山、室根山、焼石連峰の一部、和賀岳と根菅岳の間からは遠く82km離れた神室山が霞んで見えた。

灯台下暗し。食わず嫌い。とも言える和賀山塊。
沢尻岳経由で大荒沢岳に登っただけなのだが、ずっと続く稜線の美しさや深い渓谷、「これは是非攻略したい」そう思わせる素晴らしい山々だった。


帰りには、ちょうど西和賀町の「新そば祭り」期間中だったので、登山口近くにあった"母ちゃんの店"「わがや」に寄り、期間限定の「新そば堪能セット」を食すと共に、地元・西和賀「み―ちゃん」の顔で、"ビスケットの天ぷら"を無料?み―ちゃんの後払い?でいただきました。ありがとうございました。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間5時間46分
  • 活動距離活動距離10.15km
  • 高低差高低差816m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,073m / 1,078m
  • スタート08:25
  • -
  • 登山口08:25 - 08:29 (4分)
  • 2時間5分
  • 沢尻岳10:34 - 10:46 (12分)
  • 25分
  • 大荒沢岳11:11 - 12:06 (55分)
  • 19分
  • 沢尻岳12:25 - 12:32 (7分)
  • 1時間39分
  • 登山口14:11 - 14:11 (0分)
  • -
  • ゴール14:11
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン