YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

笠置山(かさぎやま)

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、忘却
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり
    目標=3年間山歩きをつづけるつもり
    単独超低山超無名山歩き愛好家のつもり





  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八木山(龍王山)

2015/02/24(火) 07:30

 更新

笠置山(かさぎやま)

公開

活動情報

活動時期

2015/02/23(月) 11:17

2015/02/23(月) 14:54

アクセス:464人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,958m / 累積標高下り 2,008m
活動時間3:37
活動距離10.90km
高低差441m

写真

動画

道具リスト

文章

15年前、笠置ダムで週末を遊んでいた。クリアな水面、水中、水底にルアーを投げ飛ばし、様々なテクニックでブラックバスを誘う遊びに熱中していた。当時は水の色や水温や天候などは気にしていたが、山にはあまり目がいかなかった。
ましてや、笠置山という山があり、その山を歩く自分なんて想像したことすらなかった。

自宅→郵便局
→セブンイレブン
→西日本シティ銀行
→千石公民館
→馬落としの遺構
→石祠の広場
→笠置山山頂
→杉の美林
→竹林
→千石峡キャンプ場
→千石峡
→千石荘(廃屋)
→赤い吊り橋
→平瀬橋
→千石公民館
→犬鳴トンネル
→牧のうどん
→トリアス久山
→自宅

超低山歩きを少し舐めかけていた。砥上岳や目配山を楽しく歩けたもんだから、400m級の山を歩くことに少し自信をもちはじめていた。
そんな僕に笠置山は「山を舐めてはいけないよ!」と教えてくれた。

山と渓谷社刊「福岡県の山」を参考に歩いたが、あの本では2時間25分を僕は4時間近くかかって歩いているし、距離も8キロを10キロ以上歩いている。いかに自分が体力根気根性がないかがより実感できる数字だ!

千石公民館から笠置山頂上までの3キロはとにかく急斜面できつくてきつくてたまらなかった。その上、瓦礫のような山道で細く狭く怖かったので緊張して歩いた。
緊張と恐怖と疲労感があったからか、頂上での開放感はすごかった。おにぎりを二個食べながら、笠置ダムを見おろした。過去の思い出につつまれながら。

トレッキングポールとタオルがいちばん重要なアイテムである。そして靴。新しい靴を買いたいと思った。ああ、恐怖と緊張と疲労と開放感と千石峡に癒されたいい一日だった。感謝します♪

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン