YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

低山ながら歩きごたえのある山でした!!

マサヤンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:まいどです!!
  • 活動エリア:滋賀, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

羽黒山・筆捨山・観音山

2015/02/25(水) 21:05

 更新

低山ながら歩きごたえのある山でした!!

公開

活動情報

活動時期

2015/02/25(水) 08:48

2015/02/25(水) 14:04

アクセス:394人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,149m / 累積標高下り 2,155m
活動時間5:16
活動距離10.61km
高低差581m

写真

動画

道具リスト

文章

三重県の関宿北部にある観音山~筆捨山~羽黒山へ行って来ました。

まず、観音山は、近所の裏山的な感覚で登れる気軽な山ですが、道が入り組んだり枝分かれが多すぎて、何回行っても同じ道で行く事が出来ないくらい、複雑でした。とにかく、尾根に辿り着くように道を取って何とか頂上へ到着。まぁ、山頂まで20分前後で行ける山なので遭難する事はまず、無いと思いますがとにかく複雑でした・・・


観音山から、筆捨山分岐までは、階段が多めでアップダウンも少々続きますが、比較的歩きやすい道が続きます。分岐から筆捨山までも序盤は同じく歩きやすいけど、最後の登りは一気に登る階段(しかも、崩れかけ)が見えて少しテンションが下がり、それが終わると左右は鎖があるモノの、足場があまり良くない急登が続きます。

筆捨山山頂から分岐までを引き返してから、今度は羽黒山へ。ここからは序盤は少しキツめ(道はヤセ気味)の下りが続き、斜面を横切るような道が続きます。その後、尾根へ出たと思ったら巨大な岩が道を遮るように出現。所々四つん這いを強いられる所もあり、なかなかのハードな道が続く。約1時間足らずで羽黒山山頂に到着。ここは少し見晴しが良く、開けていた(と言っても大して広くは無いです)のでここで昼食。

昼食後、山頂からは尾根ずたいに一気に下る。ここも気を抜くと滑落しかねない程道は狭くて足場も悪い。それでも、コンディションが良かったので気分は上々。鳥居が見えた所から先は、川沿いをノンビリと進み、集落が見える頃には周りはノンビリとした田舎の風景が広がる。そこからは、住宅街を約30分ほど歩くと関宿の街並みに出て来る。関宿を散策しながら歩くと、駐車場へ戻り終了です。


当初は、標高も300m足らず(ログの高低差は少し間違ってます)で軽いハイキング的な感じで行きましたが、全体的にアップダウンはなかなかのモノで特に、筆捨山から羽黒山方面に関しては足場は狭く悪く、岩場も多いので油断をしていると滑落をしそうなくらいハード。特に岩の間(隙間)を通過する時は、「挟まって抜けられんようになったらどうしよう・・・」と少しビビりながらでも、楽しく行く事が出来ました。とにかく、行く前と行った後でここまで印象の変わった山は今までで一番でした。でも、また行きたいなぁ・・・


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン