YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

13th 羊蹄山BC お鉢も!

いちさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:冬の体力維持に雪山BC&PH開始。
    札幌近郊メイン。
  • 活動エリア:北海道
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

羊蹄山(蝦夷富士)・尻別岳

2015/03/04(水) 11:35

 更新

13th 羊蹄山BC お鉢も!

公開

活動情報

活動時期

2015/03/03(火) 06:13

2015/03/03(火) 15:58

アクセス:733人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,346m / 累積標高下り 3,389m
活動時間9:45
活動距離10.56km
高低差1,576m

写真

動画

道具リスト

文章

天候 麓 晴れ
   1000m~山頂 ガス
   お鉢 無風 
風力 山頂付近 10m以上
雪質 山頂 ガチガチ
   お鉢 重め
心拍 MAX173

行ってきました羊蹄山BC!
朝6時の集合からだんだん日が差し、今日は予報通り快晴か!最高!とビーコンを確認し合い気分良くスタート。
いつも一人で札幌近郊の山しか登らない僕にとっては、二人での登頂は遠征みたいにわくわくです!
太さん、スキー。僕は、スノーボードと若干の装備の違いはあるもスノーシューの僕は、太さんにラッセルをお願いし、後を追います。林の中は重い雪が深く、トレース跡も若干の沈みはありますが、風も弱く気持ちは良い。
林地帯を抜けると、一気に風も強まり、雪質もスノーシューでは、ほとんど沈まなく、直登を続ける。途中、テラス付近にてコンプレッションテスト。太さんに全部お任せし、横から見守っていましたが、ザクザク崩れる雪柱。ビビリながら、より雪崩を意識した安全なルート取りで山頂を目指します。
スノーシューにて1,700m付近までは上れましたが、急勾配、表層の氷、氷下の雪にスリップの危険を感じ、アイゼンに変更。
その付近からです、目に違和感を感じたのじたのは!人生初!まつげが凍った!世界の果てに行った気分でした!(笑)

今回のお目当てはコレ → 「オハチ」
山頂到着後は、滑走の準備ですが、滑るのは通称「オハチ」。噴火口跡ですよ!こんなとこ普通に生きてて行く場所ではないし、しかも底に向かって滑る???クレイジー極まりないでしょ!(笑)当初は、ガスってて底が見えず地の果てに滑り込む思いでしたが、タイミング良く、ガスが抜けると何という幻想的な地形!まさに「オハチ」。
無風の鉢底で休憩です。その休憩で頂いた熱々のドリップコーヒー!太さんが朝3時起きでドリップしたって!?そもそもうまいんですけど、格別ですね!スタバの10倍!(笑い)
山頂での準備中にも海外スキーヤーが3組ほど上がってきました。どこで勉強したのか「ヤバイネー、ヤバイネー」とひたすら言っていました。(笑)確かにヤバイですべて解決できるし、すべてがヤバイ状況でした!
やっぱり北海道はスゴイ!是非皆さんこの山、冬に登って下さい!人生観変わりますよ~
準備は万全に安全第一で!

PS、太さんこの度はありがとうございました。次は今回行けなかった風呂で会いましょう~

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン