YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大秘境☆三重(みかさね)の滝 無念の撤退。

リョウタさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:絶景を求めて関西を中心に活動しています。どこか良い所ありましたら教えて下さい(^_^)v

    登山歴はド素人ですが、よろしくお願いいたします!
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1981
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八経ヶ岳

2015/03/07(土) 00:20

 更新

大秘境☆三重(みかさね)の滝 無念の撤退。

公開

活動情報

活動時期

2015/03/04(水) 11:47

2015/03/04(水) 17:30

アクセス:811人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,401m / 累積標高下り 1,417m
活動時間5:43
活動距離8.24km
高低差308m

写真

動画

道具リスト

文章

前回の不動七重の滝巡りに行く際に、周辺の滝を調べているとあの秘境感満載の不動七重の滝の更に上流に
「三重(みかさね)の滝」
と言う、3つからなる滝があるとゆう情報を得ました。
この三重の滝、独立した3段の滝らしいのですが、1つ1つが結構な大きさでそれが3つもあるらしいです。
危険な箇所も多少あるらしいですが、ルートが整備されているとの事でしたので、
慎重に行けば行けるだろうと思い行って来ました。

先ずは、前回の不動七重の滝まで車を走らせます。この道路は下北山村の村道になっている様です。
落石、陥没有りの荒れた村道です。
本日は天気が良かったので、晴れの日の
「不動七重の滝」を撮影してみます。
個人的には前回のガスがかかっている方が好きです(^_^)v
撮影後、更に上へ車を走らせます。

不動七重の滝から約2~3キロ地点で現在工事中です。大きなユンボが道をふさいでいますが上へ行く旨を伝えると退けてくれます。
工事現場を越えると直ぐ、前鬼林道の始点に到着します。
前鬼林道は車の侵入不可なのでここに車を駐車します。駐車スペースはわりと広いです。ここで、着替えて出発です。
今回、川を渡る箇所があるみたいなのでカヌー用のウエットスーツと、沢登用の底がフェルトになっている靴に履き替えました。
これが後で、痛い目に。

そこから約2キロ程歩きます。林道終点へ着くと小仲坊(おなかぼう)があります。

ここ前鬼山は昔から行者の修験の地としてあり、小仲坊は行者を迎え入れる所であったそうです。約1300年の間変わらず存在し続ける歴史のある宿場だそうです。
詳しくは、説明されている看板も撮影しましたので、そちらをどーぞ(^_^;)

小仲坊は現在も登山者の宿場として利用出来ます。
むかって左へ行くと、釈迦ヶ岳の登山口
むかって右へ行くと、三重の滝への登山口になります。
今回はもちろん右へ行きます!

進んで行くと、小さい川を渡ったり、急登ありのルートでしたがそこまで危険な箇所はありませんでした。前半は…
ただ、川を渡るゆう所があるので、寒くなってからあまり人が来てないのか、落葉がルートを埋め尽くして弱冠道が分かりづらいです。
その落葉にフェルト靴が足をとられて
スベるスベる(ToT)
それに前日の雨のせいで地盤が緩いので、足をとられると、結構な感じで持っていかれます。・゜゜(ノД`)
なんとか滑落する事もなく、三角点のある中間地点まで辿り着きました。
ここで一息ついて、残り半分の道のりを進んでいたら赤テープが見当たりません!
Gpsを確認するとルートをそれてます。
来た道を戻ろうとしますが、落葉のせいでルートがわかりません(・д・`;)
足をとられながら木に捕まりながら道なき道をルートをそれ始めた所まで戻ると、三角点のある中間地点。
辺りを右往左往しながら、ルートを探しますが、それっぽい所はございません。
Gpsと自分の向いている方向を確認しながらルートを指している所を見ると、土砂崩れの跡の崖みたいな所を指してます。

私に残された選択肢は3つ。
1.撤退
2.Gpsのルートは大きくそれるが唯一の道っぽい道を突き進むか
3.Gpsを信じて崖を下るか

迷いました。私の最終決断は3!現代の技術力を信じました。
地盤は緩いし、落葉で滑る。慎重に慎重を重ねてゆっくり足場を確認しながら下ります。かなり集中してたと思います。
下りきった後、手を見ると何かでさっくり
切って流血してました(^_^;)
ですが、その痛みを全く感じないぐらい
集中してました。

下りきってGpsを確認。またずれてる(ToT)
「どうせいっちゅーねん…」
心から出た言葉でした。
それながらもGpsのルートは川の対岸を指してます。もうこうなったら信じきります!
とゆうか、下って来たルートは戻れる気がしません!
幸いウエットスーツなので冷たいですがまだましです。川の渡りもう一度Gpsを確認すると、やっとルートに乗りました!
かなり嬉しかったです!
もうそこから足元と、Gpsしか見てません(笑)
ですが、またずれる…
「なんやねん…」泣きそうでした。
それでも滝のある方角へ進んで行くと、
2メール程下へ飛び降りないといけない所が
ありました。
降りるのはいいけど、間違ってたら上がれません。悩んだ末、撤退を決めました。

帰りの選択肢は1つのみ!
Gpsを無視して道っぽい所を突き進むしかありません!
今度は道を探しながら歩くので、視界が上に向きました。すると川の方に滝が見えました。
三重の滝とは違いますが、何とも言えない綺麗な空間が広がってました。
まさにそこは、私の中の「桃源郷」!
しばらく見いってました。
前日の雨のせいで、いたる所に滝が出来てました!
写真撮りました!三重の滝の分まで撮りました!
最高にキレイな空間でした。

しばらく撮影して日が暮れると本格的にヤバいのでカメラをザックに入れてトレラン開始です。
なので滝~出口付近までは携帯のカメラで写真を撮りました。
道っぽい所を探しながら進んで行くのですが、途中で滑って転ぶし、
なんかやたら毛深い鹿?と至近距離で出くわすしもう散々でした。

しばらく進むと、川の対岸に鎖を発見!!
正規のルートです!
やっとや!これで帰れる!
そこからは少し迷いながらも無事、三角点のある所まで戻れました。

今回の三重の滝のGpsのルートはあてにしたらえらい目に会います(-_-;)
今は廃道になってるルートなんでしょうか?
行かれる際はお気をつけ下さいm(_ _)m

軌跡と標高図を写真を消して見て頂くと
私の右往左往した様がキッチリ残ってます(笑)


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン