YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

御船山縦走

konyさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:20年前には子どもと一緒によく登っていました。雪の久住、早春の経ヶ岳で迷って遭難しそうになったことも今ではいい思い出です。
    コレステロールと高脂血症の対策を兼ねて、また登り始めました。お花を探しながらのゆっくり登山です。無理なく登れる山のお花の情報を探しています。
    「夫婦で山歩き」私たちのブログです。http://blog.goo.ne.jp/runner524
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:1958
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

御船山

2015/03/08(日) 16:01

 更新
佐賀

御船山縦走

活動情報

活動時期

2015/03/08(日) 09:03

2015/03/08(日) 11:42

ブックマークに追加

アクセス

509人

文章

武雄市のシンボル、御船山を縦走してきました。
最初に武雄神社で大楠を見物して、次に御船ヶ丘梅林で梅見。白梅、紅梅が満開でした。満開の梅林の中を抜けると南岳への登山口。鳥居をくぐる稲荷大明神まで石の階段が続きます。そのあとは稜線まで急な登り。左に見えてくる大岩を左手に回ってかわしながら進むと南岳に到達した。銀色テープが要所要所にあり安心して登っていけた。南岳からの眺望が一番よかった。南岳から尾根道を進んで迷わず北岳に到達した。北岳からは竹尾高校側がよく見えた。他の方向は木の枝越しの眺望だった。北岳から岩峰への縦走路は踏み跡が不明確、岩が出てきたときには左右両側のルートを確認しながら慎重に進んでいった。岩峰にはいくつもの尖った岩があった。岩の上に登れば素晴らし眺め。岩峰からの下山はやぶ漕ぎ。急な坂を木の根や幹を掴み足元を確認してから一歩一歩ありていく。砂防ダムを目指して降りて行ったのに、きらきら光る構造物を発見して、ついそちらにひかれるように近づいていったが、鋼鉄製のフェンスだった。御船山の北側を民家から隔離するように頑丈なフェンスが張られていた。鋼鉄製フェンスに太陽光が当たってキラキラ光っていたのだった。フェンス沿いに東側へ歩いて行くと砂防ダムの近くで下に降りれるようになっていた。やっと下山できた。
8時10分 自宅発
9時00分 駐車場着
9時08分 武雄神社
9時27分 御船が丘梅林
9時33分 登山口
10時00分 南岳着、06分発
10時30分 北岳着、05分発
10時51分 岩峰着、53分発
11時11分 フェンス
11時28分 フェンスを抜けて下山
11時42分 駐車場着

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間2時間39分
  • 活動距離活動距離5.33km
  • 高低差高低差212m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,028m / 1,048m
  • スタート09:03
  • 1時間16分
  • 御船山10:19 - 10:22 (3分)
  • 1時間20分
  • ゴール11:42

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン