YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

二丈4座(背振山系縦走その1)

konyさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:20年前には子どもと一緒によく登っていました。雪の久住、早春の経ヶ岳で迷って遭難しそうになったことも今ではいい思い出です。
    コレステロールと高脂血症の対策を兼ねて、また登り始めました。お花を探しながらのゆっくり登山です。無理なく登れる山のお花の情報を探しています。
    「夫婦で山歩き」私たちのブログです。http://blog.goo.ne.jp/runner524
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

二丈岳・十坊山

2015/03/17(火) 08:35

 更新

二丈4座(背振山系縦走その1)

公開

活動情報

活動時期

2015/03/14(土) 07:11

2015/03/14(土) 17:40

アクセス:368人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,716m / 累積標高下り 4,716m
活動時間10:29
活動距離28.92km
高低差820m

写真

動画

道具リスト

文章

旧二丈町にある“二丈4座”=二丈岳、女岳、浮岳、十坊山を縦走してきました。まむし温泉駐車場に車を置き、福吉駅から深江駅までJR電車で移動。深江駅から7時50分過ぎに歩き始めました。まずは二丈岳を目指します。深江駅から二丈環境整備センターを経て一貴山集落を目指します。(実は、昨日までは深江ルートで二丈岳に登るつもりでした。そのため、2月7日に事前確認で二丈岳に登ったのですが、“びばじゅん”さんのyamap記録を見て一貴山ルートに急遽変更しました。)
二丈環境整備センターから一貴山集落までの道は、“天平の古道”と呼ばれる古くからある道でそれなりに風情があった。初めての一貴山ルートは変化にとんだ面白いコース。ルート外れをしやすいコース。それなのにyamapの現在位置表示が地図とずれて役に立たない。赤テープだけが頼り。 いつも以上に赤テープに注意しながら進んでいく。沢を右に左に横切りながら登っていくとYの字になった沢にぶつかり、ここからは急斜面の山肌をつづら折りになった杣道で標高を上げていく。 杣道は細く頼りない、ロープを頼りに歩くが滑りそうで怖い。前夜の雨で積もった葉っぱが滑る。注意深く杣道を進みようやく杣道を抜けると大きな石が現れてしばらくすると深江ルートと合流。これからはかって知った道。最後の急な登りはいつきても同じ。息が上がりました。二丈岳には誰もいない。二丈岳からの眺めはいつ来ても最高。PM2.5でかすんではいますが、これから登る女岳、浮岳、十坊山が良く見えます。
小休憩をしたあと真名子側に降りて左折、林道を進んでツバキ橋を右折。次は女岳です。斜面を登って一旦大きな車道と出くわした先が女岳登山口。女岳への登りは最後急でした。女岳には先客、二組のパーティがいた。ここで昼食。
女岳から荒谷峠に降り、左に進むと浮岳登山口。浮岳への登りも急です。ロープがある箇所を何ヶ所も登りようやく浮岳。
浮岳から白木峠までの下りでルートミス。白木へ降りるルートを下り、ゴルフ場に出て少しやぶ漕ぎののち、正規の白木峠へのルートに合流。そのあとはゆっくりと白木峠、十坊山を経てまむし温泉に到着。お風呂に入るつもりが着替えを忘れていたことに気づきそのまま帰宅。いろいろあった一日でした。
6時47分自宅発、7時10分まむし温泉駐車場7時12分、7時32分福吉駅7時38分、7時46分深江駅7時50分、9時一貴山登山口、10時35分二丈岳10時43分、10時55分広場、11時12分真名子、11時21分つばき橋、11時38分女岳北登山口、12時06分縦走路出会い、12時28分女岳12時52分、13時11分荒谷峠、14時18分浮岳14時23分、15時52分白木峠15時54分、16時37分十坊山16時43分、17時40分まむし温泉駐車場
今回、背振山系の西端を縦走したので、これから背振山系を分割して縦走しようと思う。今日が「背振山系分割縦走の一回目」 何回で基山までいけるか分からないけど、無理せずに、計画的に、歩きと同じくゆっくりと達成したいと思う。その2に続く。https://yamap.co.jp/activity/67443

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン