YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

過去と未来が交差する駅

ソラリスさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:気が付けば29年間、会社に勤めた事になります。出身は富山なのですが、首都圏勤務が長く、元々、車やバイクで全国を巡るのが好きで、何時の間にか山を訪れて旅行を兼ねて愉しむ山旅スタイルになっていました。何となく各位の山行日記の投稿が高山植物に似ているのかなと感じてます。メンバーさん一人一人の投稿が花です。花の愉しみ方は人其々で、自分はひっそり咲いている花を探すのが好きなようですが、百名山登山に憧れ、残りは8ですので華やかな花にも強い憧れが在りそうです。投稿は減りそうですが時々、花を探しにYAMAPを訪れたいと思っています。
  • 活動エリア:富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:富山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

僧ヶ岳・駒ヶ岳(越中駒ヶ岳)

2015/03/16(月) 12:43

 更新

過去と未来が交差する駅

公開

活動情報

活動時期

2015/03/15(日) 20:27

2015/03/15(日) 21:38

アクセス:417人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,644m / 累積標高下り 1,637m
活動時間1:11
活動距離7.84km
高低差117m

写真

動画

道具リスト

文章

日曜に休日出社した帰りに会社が在る高岡の事業所から近い雨晴海岸と新幹線が開業した黒部・宇奈月温泉駅を訪ねました。

3/14に北陸新幹線が開業したのですが、会社の在る高岡の事業所の傍に新幹線の新高岡駅が在ります。オフィスからも新幹線の試運転が見えて居たのですが、土日は春らしい穏やかな日差しに恵まれて富山でも開業に伴うイベントで賑わいました。

自分が小学生の頃は、北陸新幹線は遠い未来の話だと思ってましたが、新幹線の開業を目の当たりにすると自分が其の未来に来てしまった気持ちになります。車のバックミラー越しに北陸新幹線と交差する形で富山地方鉄道の新駅の新黒部駅が一瞬見えて、バックミラーに過去が映し出された感じがしたのですが、新幹線が未来だったとすれば、馴染みの在る富山地方鉄道は過去になるのかもしれません。

富山地方鉄道の新駅の新黒部駅から僅か500Mぐらいしか離れていない場所に舌山駅という駅が有り、傍に黒部市の農協の倉庫が有ります。大学生の時、日当8000円で近隣農家から米袋を軽トラに集荷し倉庫に積み上げた経験が有ります。15分も作業すると汗が噴出して米袋に押された一等米と二等米のハンコのインクがTシャツに付いて汗で滲んでくる、そんなバイトです。

軽トラの荷台に乗って走ると風が心地良くて各農家に米袋を集荷に行くと貰える冷たい飲み物が楽しみでした。一度だけ、釘に米袋を引っ掛けて農家で集荷した大事なお米を僅かですが、溢して落ち込んだ事が有ります。当時の殆どの事は忘れましたが、そんな失敗談だけは昨日の事のように覚えています。このアルバイトの日当は今でも30年前と同じ8000円なので、何も変わらず、時間だけが静かに過ぎていったのかもしれません。(笑)

北陸新幹線が開業すると富山地方鉄道に新黒部駅が新設されるので500メートルしか離れていない舌山駅は廃駅になると思っていました。小さな古い無人駅の駅舎ですが、大正11年に造られたそうで歴史が在ります。舌山駅に寄ってみると、偶然、急行電車の通過待ちで、電車から降りていた普通電車の車掌さんが駅舎の近くに居たので、廃駅になる可能性が在ったのかどうか尋ねてみましたが、あくまで噂で在って、富山地鉄としては当初から、存続するつもりだったそうです。やはり昔から住んでいる住人を無視できないという話でしたが、自分も存続して欲しいと思っていたので、そんな話を聞いて、ほっとしました。地元の住人は、自分以上に更に深い思い入れが在ったと思います。

過去、未来は現在という交差点で繋がっています。過去は無視できない存在で未来に繋がっています。不思議なもので、来週から半年、東京へ長期出張する事になります。どんな未来が待っているのか、分かりませんが、来週は片道切符で、この開業したばかりの新幹線で上京します。

4/12 追伸

黒部の春の写真が撮れてなく心残りが在って、編集中のままでしたが、「黒部の春」の投稿を別途する事にしました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン