YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

志賀高原 3日目 歩くスキーコースをテレマークスキーで歩く

穂高 大陸系さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ハイキングクラブよもぎ所属、富山大学ワンゲル部経験。
    主に近畿の山中心。冬はBCスキー(テレマーク)を練習中。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

草津白根山・志賀高原・岩菅山

2015/03/17(火) 17:19

 更新

志賀高原 3日目 歩くスキーコースをテレマークスキーで歩く

公開

活動情報

活動時期

2015/03/17(火) 13:18

2015/03/17(火) 15:20

アクセス:268人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 828m / 累積標高下り 964m
活動時間2:02
活動距離6.69km
高低差147m

写真

動画

道具リスト

文章

志賀高原最終日。気温はかなり上がって午後1時の奥志賀ゴンドラ山頂で8℃!
もちろん、スキーは滑らず。そんな中、最終日の目玉、NORD一ノ瀬で教えて頂いたコース、
一ノ瀬~奥志賀高原 県道471号線(冬季は除雪しない部分)を歩いてきました。

一ノ瀬ダイヤモンド湿原(と、現地のガイドに載っていた)の雪原から雑魚川に沿って進み、途中から県道に登って後は県道通りに行けば、奥志賀高原ゴンドラ前に出る、というルート迷いの無いコース。約6㎞。これならXCスキーを履かずにシール無しで突入できると踏んでテレマークスキーにて歩行開始。

実際、登りは県道へ出る箇所だけ。その登りが終わると、あぁっ!除雪されている!
時期が遅すぎたかと思いきや、少し先で県道以外の施設までの除雪であることが判明。
ほぼ水平で数日前のトレースがある雪道をパタパタ歩いて行きます。

コースの中間点で岩菅山への登山口があるので、この日曜日ぐらいに入った人のトレースと思います。
実際登山口から岩菅山へのトレースが分岐していました。

しかし、上がりきった気温、非常用の服や行動食を背負い、スキーを履いて歩くと、汗ビッショリです。
その割にペースが上がらない…スキーが幅広(トップ120㎜の新雪対応可能なスキー)だった為重かったことも影響あると思いますが、なんといってもこの気温。下りでも緩ければ滑らない…キッチリ歩かされました。

そうこうしているうちに2時間で奥志賀高原ゴンドラ着。雑魚川の対岸は一ノ瀬、焼額山、奥志賀高原とスキー場の喧騒があるのに、こちらは誰もいない山の世界。時々聞こえてくるスキー場のリフト稼働音に(志賀高原はスキー場で音楽を垂れ流しにしていないので雰囲気いいのです)まだ人の住む世界から遠く離れていないことで安心しながら、2時間の散策を終えました。

今回の志賀高原3日間で、色々やってみましたがこのフィールドは標高2000m程度と冬に入れる場所としては日本でもトップクラスなのに、手軽に自然の中に入っていけることが非常に面白く感じました。ただ、標高2000mの豪雪地帯。時期や装備を間違うと命を失いかねない場所なので、しっかりと準備、情報収集を行うことが必要ですが。

とにかく楽しめました。最後に、宿泊先のチゥーホテル様、今回はレンタルのタイミングが合わず残念でしたが情報を貰ったNORD一ノ瀬様、本当にありがとうございました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン