YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

15th 斜里岳BC・ピークハント

いちさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:冬の体力維持に雪山BC&PH開始。
    札幌近郊メイン。
  • 活動エリア:北海道
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

斜里岳

2015/03/21(土) 21:08

 更新

15th 斜里岳BC・ピークハント

公開

活動情報

活動時期

2015/03/21(土) 07:00

2015/03/21(土) 14:17

アクセス:710人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,293m / 累積標高下り 2,265m
活動時間7:17
活動距離15.30km
高低差1,090m
カロリー3740kcal

写真

動画

道具リスト

文章

天候 麓    曇り
   1200m 晴れ
   1200m~ピーク 曇り・ガス・一時ホワイトアウト
風  0~2m
雪質 ~800mギリ粗目前
   ~1200mクラスト上にうっすら重い積雪
   ~ピームクラスト10cm以上
雪崩危険度 very good
BC適正  可 東斜里以下(パウダーなし)

今シーズンに何とかと考えていた念願の斜里岳!
今回は疲労度MAXです。

~800m
根北峠からのスタートは、車無しの先頭バッターとなりました。
1週間以上積雪がないはずだったので、あわよくばトレースを頂きたいと思っておりましたが、まったくの無。
MSRにて樹林帯の中を進む。ほとんど景色が変わらない。
800m~
一度視界が開け光が差す。後ろを振り返ると、きれいな雲海。ここからは尾根がはっきりしてるので迷うことなく東斜里を目指す。東斜里はガスの発生により、ピークは見えず。
1200m~ (ボードデポ)
ここまでは、超順調に進み、2時間弱。ピークまでの予定は12時と計画してたので、これから藻岩山登ると仮定すると4時間切るかなと変な想像しながら、東斜里麓へ。
その想像は、すぐに砕けこんなん登るのという崖?氷爆?寸前、すぐにボードー、ブーツのデポを決断し、アイゼン、ピッケルに装備を変更。松に絡みついた氷はもろく、また、積雪のある足場にはアイゼンが効きにくく、アイゼン・ピッケルの確保に苦労しました。
下を見ると、滑落=死、を意味する斜面で、緊張感のある斜面でもあり、今回の一番印象的な場所となりました。
~ピーク
ガスの発生につき視界5~10m。クラスト、積雪により20cm~30cmツボ足にて進む。
微妙な、上り下りが、疲れた体をよりもろくします。
尾根の幅は50cmと狭いところ(左右崖)もあり、セッピの踏み外しに注意します。本当にに風が無くてよかったと改めて実感です。景色が見えず、GPSを頼りにピークを目指しピークハント!
視界不良により、達成感はGPSを見てにやけるだけ。笑
ピーク~デポ地
東斜里にてルートミス、無駄にトラバースにて体力消耗もここからは、楽しい楽しい滑走!
デポ地~根北峠
ここからはすばらしい天気!いつも滑走中はなかなか写真を取れない。この斜面、この景色サイコー!
樹林帯は、ボードには厳しい状況ですがこれは、筋トレと思えばGOOD。汗だくで無事到着。

所感
ルートは分かりやすく比較的迷うことは無いと思いますが、装備は万全の体制で望む必要があると思います。
また、BCは楽しく滑走できる斜面は短いですが、雄大な景色は最高です!

熊  → 足跡なし。知床では活動情報あり。
雪崩 → very good
セッピ→ 東斜里からの尾根注意が必要。東側面

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン