YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

武甲山~小持山~大持山~妻坂峠

kiserinさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:ボウリング歴25年の末、身体はボロボロ状態になり特に左膝は変形性膝関節症と診断され歩行困難になりました。それからと言うもの整形外科に通う日々が続き、治療はいつも痛み止めのモーラステープとヒアルロン酸の注射のみ、このままではいけないと思い体質改善を真剣に考えました。まず減量と筋力アップを中心としたトレーニングを開始しして、その結果3ヶ月で83kgあった体重が62kgに、体脂肪率も28%が13%台になり、知り合いとすれ違っても気づかれないほど激変しました。

    「ライザップ」ではありませんよ!(@_@;)

    気が付くと歩くたびに激痛に悩まされた膝はすっかり痛みが消え普通に歩けるようになりました。今後は健康と体力を維持するため、長く楽しみながら出来るスポーツは何かないかと考えた末思いついたのが登山でした。
    天気の良い日は、関東近県を中心に夫婦で登山を楽しんでいます。

    神社仏閣オタクなので神社レポも良く書きます。(*^^)v

    YAMAP会員の皆様、どこかの山で私たちを見かけましたら気軽にお声掛けください。

    それでは宜しくお願い致します。(^_^)v
  • 活動エリア:その他
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:未経験
  • レベル:未経験
  • その他 その他

武甲山・伊豆ヶ岳・子持山

2016/02/06(土) 10:05

 更新

武甲山~小持山~大持山~妻坂峠

公開

活動情報

活動時期

2015/03/28(土) 07:18

2015/03/28(土) 14:56

アクセス:1748人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,291m / 累積標高下り 3,294m
活動時間7:38
活動距離12.90km
高低差817m
カロリー3832kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は武甲山~小持山~大持山へ行ってきました。

国道299号線の「生川入口」の交差点からセメント工場に続く道へ入るとセメント工場が終わったあたりから道幅が狭くなります、そこを更に進むと右手に一の鳥居が見えるのでそこをくぐると生川(うぶかわ)駐車場です。私は生川駐車場がすぐにいっぱいになると聞いたので早めに家を出て7時過ぎに到着しました。ここは30台ほど停められますが既に半分位は埋まっていました。
ちなみに駐車料金はタダです。

本日のコースの概要
駐車場の奥から武甲山の登山道に入り、始めはコンクリートの道がしばらく続き「十三丁目」あたりから山道に入ります。登山道には「一丁目(一の鳥居)」から「五十二丁目(山頂)」まで石が置いてあるので目安になります。

大杉の広場では大きな杉が3本立っていてここから山頂までは約40分程かかりますがやや勾配がきつくなります。
山頂手前に御嶽神社があり、トイレもありますが冬季は閉鎖されて使えません。
神社左脇から第1展望台に通じる道がありますのでそこを登ります。
展望台直下に石灰岩の採石場があり天気の良い時は浅間山、谷川岳、赤城山、男体山などが望め見晴らしは最高です。

神社の下を少し降りたところに生川方面、小持山方面、浦山口方面へ分かれる分岐点があります。
私が向かった小持山方面は急坂がしばらく続き、20分程歩いたところに「シラジクボ」があり持山寺跡方面からの合流地点になります。ここから小持山山頂まで約40分かかり急斜面が連続で続きます。

小持山山頂はスペースがほとんどなく通過する人が多かったようです。小持山から大持山までは40分程掛りますが急坂とゴツゴツした岩場などがあり歩きづらいです。中間地点にはお勧め絶景スポットがありますので是非立ち寄ってください。山から突出た岩があり三峰方面を一望出来ます。私はここでランチしました。!(^^)!

大持山頂付近もあまり広くありません。大持山から少し下ったところに妻坂峠方面と鳥首峠方面へ分かれる分岐点があります。

大持山から妻坂峠までは一気に450mほど下る長い坂が続きます。膝がしんどいです。(>_<)
更に、妻坂峠から生川駐車場までは高低差320mの下りが続きます。

このコースは初級者でも十分歩けるコースですが、少々の岩場と長い下りは膝の弱い私には負担が大きかったです。

私は秩父方面へ出かける度に武甲山を見ると石灰岩の採掘現場を痛々しく感じていましたが、今日は南斜面も歩くことができ同じ山とは思えないほど自然が残されてたので少し安堵しました。

次回は東秩父方面を歩いてみます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン