YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

落椿と馬酔木の入道ヶ岳

ヨッシマンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:
    入山するときの
    緊張感が好きです。
    基本、写真山行のため
    天気は非常に気にします。
    相棒は
    Nikon D700と
    Carl Zeissたち。

    三丁目から山頂へ
    http://tyosshiman.petit.cc/

  • 活動エリア:岐阜, 長野, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:東京
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

入道ヶ岳・仙ヶ岳・宮指路岳

2015/03/31(火) 12:59

 更新

落椿と馬酔木の入道ヶ岳

公開

活動情報

活動時期

2015/03/28(土) 08:54

2015/03/28(土) 12:51

アクセス:1034人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 792m / 累積標高下り 779m
活動時間3:57
活動距離6.84km
高低差720m

写真

動画

道具リスト

文章

二度目の鈴鹿・入道ヶ岳。天候は晴れ。麓では気温が20℃の予報。
自宅からハードシェル、ソフトシェルも持たず、冬用のインナーとベストのみで出かけることにしました。
ザックには一応フリースを入れたものの、レイヤリングを一度もやらずに往復。
飲料水として持参したペットボトルを2本軽く飲んでしまいました。
益々これから気温が上がるのに大丈夫か…?

前回は宮妻峡から新道コースで山頂を目指しました。
いかにも裏玄関的な登山口で荒れた道を登ったイメージがあります。
今回は表玄関口の北尾根コースから(左横に井戸谷コースがあります)。
いきなり急登階段。そして、急峻な道のりは登山道でも続きました。
暑かったせいもあり3kmぐらいまではしんどかった〜。入道ヶ岳…侮るなかれ…。

北尾根ポイントの6番ぐらいを越えると、比較的に歩きやすい山道になってきます。
視界も開け、山頂への予感を漂わせてきます。
9番で振り返ると山頂の鳥居がしっかり見え、ここから山頂まですぐ辿り着けました。

入道ヶ岳山頂は厳冬期でも雪が積もらないほどの強風が吹く事で有名ですが、
今日もそこそこ強いものの、気温も高めだったこともあり、しばらくは山頂でのんびりできました。

【下山】
井戸谷コースで下山しましたが、沢沿いを歩くとても気持ちのよいコースでした。
福寿草は残念ながら発見できず…。いや視界にあっても気づかなかったかもしれません。むぅん〜、不覚。
【注意点】
井戸谷コースでは細い道でザレ場が続く箇所があります。
滑落事故で人が亡くなっています。谷は10m以上あります。
自分もそこを歩いたとき、危険を感じました。行かれる方は慎重に歩かれてくださいね。
ポールは片手で持ちできるだけ山側を歩くようにすると良いかもです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン