YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

上州武尊山_登山&帰りはスキー

タダさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:20代終わりから始めた登山、早20年になります。
    最近は家族・家庭の事情で専ら日帰り山行のみです。なので、残り2泊3日の山旅2回で完登の信州百名山も、もう何年も足踏みしています。
    たまには泊まり山行したい!
    皆さんが「うらめしや〜」😓
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

武尊山・鹿俣山・尼ヶ禿山

2016/05/03(火) 21:45

 更新

上州武尊山_登山&帰りはスキー

公開

活動情報

活動時期

2015/03/28(土) 09:54

2015/03/28(土) 14:06

アクセス:282人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 629m / 累積標高下り 1,195m
活動時間4:12
活動距離7.95km
高低差854m

写真

動画

道具リスト

文章

山もスキーも、で、わざわざ上州遠征、武尊山に。
沼田辺りも長野より春の訪れ早く、冬季間モノトーンに慣れた眼に、ひと足早い春の色彩が新鮮に映りました。
普段見慣れた浅間南面は徐々に春の装い。でも北から見る浅間北面はまだまだ冬景色。
何事も見る角度により、見える景色も違ってきますね。

ということで、川場スキー場、ゲレンデトップまでリフト使用して入山(スキーとブーツはここで留守番)。
急登の後、わずかで剣ヶ峰山。剣ヶ峰山からの下りの難所はステップ付、歩きやすい。
鞍部から見上げる武尊山頂もまだまだ残雪豊富。黄砂の仕業か、純白とはいきませんが。右側の雪庇・クラックに気を付けながら、山頂到達。
高曇りの空も時間と共に青空が拡がってきました。谷川から越後の連山、尾瀬の峰々、まだまだ冬の装い。風もなく、のんびりと山岳同定するには申し分ない天候。その代わり、賑やかな山頂でしたが。

この日は午後になるほど青空に。下るのを惜しみつつ、帰路に。
入山場所でスキーに履き替え、ゲレンデ滑降。BCはやりませんが、山とスキー、共に楽しめて何とも贅沢な気分です(下りでリフト使うのも何だか勿体ないですしね)。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン