YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

男池を楽しみ静かな平治岳尾根直登

ふく夫婦さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:夫婦で山のぼりをしています。
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/03/29(日) 20:22

 更新

男池を楽しみ静かな平治岳尾根直登

公開

活動情報

活動時期

2015/03/28(土) 09:22

2015/03/28(土) 14:46

アクセス:547人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,030m / 累積標高下り 1,016m
活動時間5:24
活動距離6.87km
高低差792m

写真

動画

道具リスト

文章

東九州自動車道を通ってくじゅうへ
200m未開通、願わくば、円満解決してもらって早く全線走破したいものです。
まず男池でモデルさんの寝起きを待つこと30分。
ご挨拶して落ち着いて歩き始めます。
以前から気になっていた平治岳の尾根の直登!
ソババッケの手前から右折すると、踏み跡は薄いけれど、テープがあり、そのテープまで行くと次のテープが見えます。
背中に黒岳、左手に大船山、右手遠くに由布岳・・幸せだけどふくらはぎが伸びてるのを今年初めて感じています(笑)
大戸越の位置を見ながら高度を確かめ登っていくと、岩がありイワカガミも。平治山頂は二人きり。というか、かえり水から誰にも会ってないかも。
ランチ後下山してまたお花見を楽しみました。
大戸越から下山しながら感じたことですが、ふと気が付くとテープがやたら多いような。立ち止り数えたら12本もあります。
濃霧や積雪でトレースが分からない時のテープは本当に命綱となり重要ですが、分岐もない道でこれほどのテープやリボンが必要でしょうか。地球というお友達のお庭に遊びに伺ったという気持ちで、取っていいのは写真だけ残していいのは足跡だけの精神で、なるべく自然は自然のままで後々まで伝えたいと思い、YAMAP会員の皆さんに小さな声を聞いてもらいたくて書いてみました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン