YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ポンポン山カタクリ開花

やまたいらさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

ポンポン山(京都府)・釈迦岳・小塩山

2016/04/07(木) 07:08

 更新

ポンポン山カタクリ開花

公開

活動情報

活動時期

2015/04/04(土) 11:51

2015/04/04(土) 15:14

アクセス:492人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 639m / 累積標高下り 698m
活動時間3:23
活動距離4.45km
高低差350m

写真

動画

道具リスト

文章

4月に入り、急に暖かくなる。ポンポン山頂東部のカタクリ群生地の様子を確かめに行く。

川久保渓谷の水場からトラックイン。眼鏡橋から沢筋の林道へ。ここは水声の道に対し尾根を挟んで西側。奥に進むと林道が流されており、応急処置が施されている。しばらく進むと林道は途切れる。しかし踏み跡はあるので、沢に沿って進む。この辺りは朽ちた登山道の様相。今にも崩れそうな橋は、荷重分散で四つん這いで進む。沢の分岐点で尾根を登り、稜線の極付近に出る。比較的傾斜の付いている右側に進むと小ピークに出る。どうやら稜線からは下山ルートを選んだ模様。引き返し、無事東海自然歩道に合流。山頂では、こぶしや馬酔木(アセビ)が花を咲かせている。
休憩後、カタクリ群生地に向かう。
防護柵をくぐると、緑葉上に淡い紫が目に入る。開花だ。
時期が早いせいか、群生地独り占め状態。周りを気にせず、ルートに寝転び、カタクリ目線で写真に収める。
耳を澄ますと虫達の羽ばたき音。暫し心地よい春の目覚めの空気に浸る。
帰りは、水声の道から川久保渓谷に戻り、トラックアウト。

今回がカタクリ初観察です。期待してなかっただけに喜びもひとしおです。まだまだ蕾も多いので、今後が楽しみです。
登りのルートは、水声の道同様、苔ファンには見所満載です。朽ちた橋には気を付けて下さい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン