YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

白馬三山ワンディー周遊

トッキーさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山と山スキーを楽しんでいます。
    また少しは山のことでお話できると思いますので
    気楽にコメントください。
  • 活動エリア:岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1952
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

白馬岳・小蓮華山

2015/04/08(水) 22:17

 更新

白馬三山ワンディー周遊

公開

活動情報

活動時期

2014/08/14(木) 06:30

2014/08/14(木) 16:30

アクセス:165人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間10:00
活動距離0m
高低差0m
カロリー4599kcal

写真

動画

道具リスト

文章

2014年8月の白馬三山です。第一日目
お盆は単独行が最近多くなり今年は猿倉から槍温泉、白馬槍ケ岳、杓子岳、白馬岳と周遊して行って来ました。
昨年は蓮華温泉から朝日岳、雪倉岳、小蓮華山のワンディーでしたが
この日はトレランは居ませんでしたが昨年は鉢ヶ岳まで後ろに付いていました。
結局途中で離れてしまい会えませんでした。
今年はいないので寂しいです。
まあノンビリと行きましょう。
積雪期なら簡単に登れる槍温泉は小日向コルからは巻き道で長いです。
温泉から上部は鎖場があり、急なので一番辛いです。
この日はそこで滑落者が居て、救助隊の人に抱えられて温泉まで下りていました。
見た限りでは大したことは無さそうでしたが体力不足から来ているのかなと
印象でした。
大出原から分岐まで来るとさすが登山者が往来して山ガールが大勢いて
賑やかでした。
白馬槍ヶ岳への登りも長いので嫌になりますがここを登れば後は楽になります。
白馬槍ヶ岳からは下って杓子岳へ端から適当に登ったのでステップがなくて
辛かったです。そして端の杓子岳山頂まで行き、登山道を下り、白馬山荘を過ぎて
白馬山頂へここも賑わっていましたが景色はあまり良くなかった。
すぐに引き返し大雪渓へ下ります。
雪が少なく夏道をずいぶん歩き大雪渓に下ります。もうカチカチなので軽アイゼンをつけて
早足で下りますが真っ直ぐなので膝に来ます。
この時間でもまだ登ってくる登山者ーが引っ切りなしに来ますのでヘッドランプは
持っているのかとか親子のグループの母親が相当疲れていたのでおせっかいをやいていました。
もう少し体力と出発時間を考えないと本当に怖いです。
大雪渓の末端まで来るとなにやら救助隊の人に叱られている千葉からの若者たちが
居て私との装備の違いを言って「山を舐めたらいかん」と言われていました。
何も持たずスポーツシューズで大雪渓を登っていたようでした。
本人たちも怖かったと言っていました。私も救助隊の人の身になって行動しろと
嗜めていました。
林道を歩く埼玉の夫妻とも色々話しながら歩き、無事、猿倉まで下りました。




コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン