YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雲海と久住

赤字社員さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:転職して貧困激化してます。
    夜になれば自販機のお釣り口を点検して副収入を稼いでます。
    生まれて来てゴメンナサイ。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1919
  • 出身地:
  • 経験年数:未経験
  • レベル:未経験
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/05/09(月) 21:06

 更新

雲海と久住

公開

活動情報

活動時期

2015/04/08(水) 12:25

2015/04/09(木) 12:31

アクセス:918人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,463m / 累積標高下り 2,470m
活動時間24:06
活動距離15.48km
高低差602m

写真

動画

道具リスト

文章

こんばんわ
小学生の頃、犬のウンコに爆竹を仕掛けて、導火線に火を着けて走って逃げたのに爆発したウンコが自分の頭に飛んで来て、同級生の井上君の家の水道で髪を洗った切ない経験がある中年男性です


有休消化中の赤字は昨日からテントを背負って宛ても無く久住連山を歩いてました
宛ても無くと言えばカッコイイのですが見方を変えれば浮浪者です

諸用があり昼過ぎに牧ノ戸着
酒ばかりで無駄に20キロあるザックを背負い入山
いや・・・キツイ・・
元々スポーツもした事も無ければ帰宅部でバイクに乗るくらいしかしなかった痩せた中年男性に20キロのザックは重たく足取りも牛歩戦術(´Д`;)
後ろから若い女子二人組が迫って来ます
追い抜かれるのも恥ずかしいので、山を撮影するフリをして先に行って貰います

久住分かれから久住山に登る傾斜で「何でそこまでして酒持って来な、ならんかったんやろ?」と自問自答
山頂ではガス・・・
時間ももう15時過ぎ
でも誰も居ない
暫くガスを楽しもう
するとガスが晴れて雲海が出て来た!
一人で感動しながら撮影
これは写真では伝わらない!
もう一度言います
誰も居ない!
久住独り占め!

散々満喫して稲星山に向かいます
久し振りに登らせて頂きました
何だか懐かしいな

ここからが記憶を蘇らせての過ち・・・
取り合えず稲星山から中岳直下の分岐まで下りて、そこから坊ガツルに下りるか?
それとも白口山経由の鉾立峠からの坊ガツルか?
確かどっちかが崩落の為に通行止めだったよなぁと悩む
直感を信じて中岳直下に向かう
しかし! こっちが崩落の為「通行を御遠慮下さい」やん!!
ひいいいい!!!
でも時間はもう17時
引き返して白口経由で坊ガツルに向かえば真っ暗になり危険
かと言って久住分かれ小屋まで戻るか??
ふとこの時に鳥取の伯耆大山の山頂の案内を思い出した
「剣ケ峰方面は立ち入り禁止」
そして今回のこのルートは「通行を御遠慮下さい」
「立ち入り禁止」と「御遠慮・・」の差を考えた
もう時間的にも状況的にもここから下りるしか道は無い!
関係者や色んな方々に御迷惑が掛からない様に、まずはヘルメット装着
地図とコンパスで確認
ストックを収納し三点支持の徹底
細心の注意を払って下りました
しかし本当に崩壊した酷いルートで、途中で斜面をスライディングして滑り落ちながら進まなきゃならない場所や、砂防ダムの滝で下りれなかったり
とにかくケルンとテープと岩のマーカーを探しながら下りました
ここで更にミヤマキリシマの低い木の枝がザックに引っ掛かりマトモに進めず
途中で聴いた事もない野生動物の威嚇の鳴き声・・
酒で無駄に重いザックのせいで岩場でフラつき
これが昼間で軽いザックなら怖くなかったかも知れません
しかし日暮れとの時間の戦いと重たいザックでの無理な姿勢でのルートファインディング
法華院温泉が見えた時には安堵極まり無かったです(TДT)
このルートは通らない方が良いと思います
いつ落石があるか? ルートミスして酷い目に遭うか?


もう薄暗くなりましたが辿り着けた安堵感と疲れで法華院温泉に浸かりました
平日なので誰も居なくて独り占め♪
贅沢だなぁ(´ー`)

坊ガツルで幕営
意外にも私のも含めて3個のテント
赤字指定の坊ガツルの便所の裏に幕営するも、先日の野焼きで地面が汚れてて、テントを汚したく無かったので場所移動
フリーズドライの御飯を頂いて命の水(ビール)の時間
一人テン泊は暇だから昨日の内にスマホで聴けるラジオのアプリ「ラジコ」をインストールしてたので立ち上げるも電波が入らず聴けず・・・・・・・・・
サーバにEメールがありますと表示されてるが電波悪くて新着問い合わせしても入らず、誰からのメールか気になる気になる

暇だ・・・
まだ20時で寝るのも早いし
スマホで撮った画像を見て時間潰したり
力水(日本酒)を飲みまくって無理に酔っ払って就寝


雨音で目が覚める
あらら~・・・
暫く寝たフリをする
すると雨も止んだのでバタバタとテントを片付けます

法華院→北千里が浜→久住分かれ→牧ノ戸
の流れで帰ります
しかし相変らずザックが重い(´Д`;)
貧弱な私は法華院から北千里が浜までの登りで何度も泣きそうになりました・・
更に北千里が浜から久住分かれまでの登りでオエオエ吐きそうに(´Д`;)

もう無心になって足元だけを見ながら歩くと久住分かれ
この安堵感
久住分かれには何処かの銀行の新入社員の皆さんが会社の研修で登って来られてました
50人くらい居たかなぁ
引率の50代の上司の方と談笑させて頂きました♪
しかしガスと気温5度で皆さん凍えてました・・

最後に牧ノ戸の駐車場が見えた時は安堵しました・・

でも雲海は最高に美しかったなぁ(´ー`)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン