YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

絶景!滝畑・権現山

いかポンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:登山歴は数年、アウトドア歴は10年以上。
    主に平日の日帰り。
    主に金剛山地。大峰山脈、台高山脈。 低山を探検するのも楽しんでいます。
  • 活動エリア:大阪, 奈良, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

槇尾山(槙尾山)・八ヶ丸山・岩湧山

2015/04/12(日) 22:29

 更新

絶景!滝畑・権現山

公開

活動情報

活動時期

2015/04/12(日) 13:52

2015/04/12(日) 16:50

アクセス:637人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 584m / 累積標高下り 586m
活動時間2:58
活動距離5.49km
高低差182m

写真

動画

道具リスト

文章

梨の木峠〜サルの前栽〜権現山〜横谷集落

幽霊トンネルとして全国的に有名な滝畑第三トンネル。

今回はその梨の木峠から権現山への山行き。

恐怖を感じたのはトンネルではなく、はからずも迷い込んだ岩場でした。

ルートは梨の木峠からアプローチして尾根道にとり付き、尾根を縦走して権現山を目指す。

夕月橋から横谷線を通って左手に苔むした何となく頼りなさげな橋を渡ってハッキリとした踏み跡を辿る。早速の急登にふくらはぎが痛い。15分か20分ほどで尾根にとり付く。

ここからは縦走。

自然の雑木林で植生は独特の妖しさを放っている。

名もないピークをいくつか越えて、レイクパークと横谷との出合。直進して権現山に向かうと間もなく植生が一変し、開放感抜群の大展望。いつ見ても爽快な眺めだ!

眺めの良い尾根道から滝畑ダムを見下ろしながら進んで行くと、ロープが設置された急登。登りはロープ無しでも難なく登ることができる。

そこを乗り越えると、権現山に向かう道を見落としてしまい左手の踏み跡をとる。少し下りながら見覚えのない様子に違和感を覚えた直後にその違和感は確信に変わった。

視線の先に断崖が現れる。ロッククライミングに使う金具が打ち込んである。驚きと共に好奇心がかきたてられた。

姿勢を低くして恐る恐る出来るだけ岩の先に限界まで近づく。足元はザレているので足を滑らせて転倒でもすればもうサヨナラだ。転落した時の様子が頭をよぎる。余計に恐怖感に襲われ足がすくむ。一徳坊山方面の見事にそびえ立つ岩峰をじっくり眺める余裕もなく退散。

先程の分岐点に戻り頂上に向かう踏み跡を進む。間もなくサルの前栽である。360度のパノラマはいつ見ても見事である。遮るもののないワイドな眺望は写真では伝わらない。

鳶が風を受けて優雅に円を描くように飛んでいた。バックには新緑の若葉の山々。西側の眼下に広がる滝畑ダムはすぐ近くにあるように感じる。その先には槇尾山周辺の山並み。レイクパークの散りかけの桜の並木道を歩く親子連れの微笑ましい様子も真近に見える。

何ともゆったりとした時間である。

東側に目を向けると、岩湧山は山焼きで、ついさっきまで黄金色だった茅場は既に真っ黒に染まっていた。

頂上へはそこからほんの3分ほどだった。
折り返してサルの前栽でゆったりコーヒーでも飲もうかと考えていると、前方から大勢の話し声が聞こえてくる。いくら静かであっても遠くの声がこれほど鮮明に聞こえるはずがない。そう思っていると、次々と年配の方々が団体で現れた。先頭の方に聞くと、なんと、21人といらっしゃるという。
こんなマイナーな山でのまさかの混雑だ(笑)

仕方なくコーヒーは諦めて下山を決断。

横谷の集落側の道を15分ほどで下りる。のどかな川沿いの集落を抜けて、幽霊のいない第三トンネルをくぐり、夕月橋に戻る。

素晴らしい眺めとスリルを手軽に楽しむことのできる権現山は、わたしのお気に入りの山である。


追記:iPhone特有の注意点かもしれませんが、スタート直後はバッテリー節約の目的で機内モードにしていたからか、GPSを掴めないまま尾根道にとり付く。試しに機内モードを解除すると、直後にGPSの位置情報が正常に作動。そのためで初っ端の軌跡は正確ではない。
どうやらiPhone5sは機内モードにするとGPSが掴めないらしい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン