YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雨乞岳(セブンマウンテン7座目)

もろさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:最近、登山の楽しさを知って、週末に東海地区を中心に登っています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

御在所岳(御在所山)・雨乞岳

2015/04/13(月) 16:50

 更新

雨乞岳(セブンマウンテン7座目)

公開

活動情報

活動時期

2015/04/12(日) 08:22

2015/04/12(日) 14:02

アクセス:148人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,011m / 累積標高下り 1,045m
活動時間5:40
活動距離9.93km
高低差460m

写真

動画

道具リスト

文章

鈴鹿セブンマウンテン7座目
昨年の入道ヶ岳からのセブンマウンテンもやっと制覇!

途中、ヒルが怖くて梅雨の時期を避けたり、夏は高い山に浮気したり、鈴鹿スカイラインが通行止め…ほぼ丸一年かかりました。

4月に入りスカイラインも開通し、待ちに待ったとばかりに登ってきました。

天気予報を見て今日を選びましたが、登る前から霧?雲?がかかっていました。色々な情報から道が不明瞭と知ってはいましたが、思った以上でした。晴れるかと期待していた展望も残念な感じで、、
山を下山する前にほんの少しだけご褒美と晴れる瞬間をいただけました。

武平峠からの登山道が荒れている所数カ所、特に危険と感じた所が2箇所(補修か、ロープが欲しい)一つはトラバースできましたが…

道としては、
7人山との分岐まではひたすらアプローチ、渡渉も数多くこの間に崩落?箇所もありました。

東雨乞岳までは、ほぼ直登の笹道。雪も溶けてほぼ少しの残雪のみ。

雨乞岳までは笹道を少し下って登り返す道。東雨乞岳の方が雨乞岳よりも山頂が広く展望も良さそう。
東雨乞岳から雨乞岳のルートを間違えて進んだり、道を聞かれた人に違う道を教えて、急いで訂正に走ったり、、、展望の効かない怖さを感じました(なんであそこに看板がないんだろう?)。

晴れてたら展望も良く良い山なんだろうと思いましたが、ほぼ何も見えない感じで、、、
危険箇所が改善した頃、天気がよかったらまた来ようかなと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン