YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鈴鹿セブン7座目 雨乞岳

みとなさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:三十路に入ってとうとう健診に引っ掛かり、仕方なく運動を始める。
    といっても運動音痴かつ病弱なので散歩しかできない。
    あ、近くに山がある…行ってみよう!

    …ハマった(;´д`)
    …でも高所恐怖症は治らない(;´д`)
  • 活動エリア:岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1982
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

御在所岳(御在所山)・雨乞岳

2015/04/12(日) 19:16

 更新

鈴鹿セブン7座目 雨乞岳

公開

活動情報

活動時期

2015/04/12(日) 08:23

2015/04/12(日) 14:01

アクセス:271人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 967m / 累積標高下り 974m
活動時間5:38
活動距離8.96km
高低差427m

写真

動画

道具リスト

文章

ついに鈴鹿セブンマウンテンの7座目に登頂しました。
ラストに相応しく、手強い山でありました。

鈴鹿山脈の中でも奥深い位置にある山のため、行程のほとんどはアプローチとなります。
ピンクテープを探しながら林を歩き、沢を越え、細い道を登ったり下ったりを繰り返して徐々に高度を上げます。
途中、崩落しかかった箇所があり、2箇所危険な箇所がありました。
お気をつけください。

①-⑨の立て看板の⑦が七人山との分岐となり、直登が始まります。
笹の生い茂る斜面を登ると東雨乞岳、広い山頂です。
霧が出ていなければ見晴らしは素晴らしいことでしょう。

ここで、濃い霧のために道を間違えました。
ただでさえ遭難しやすい雨乞岳、危険です。
YAMAP万歳。

肝心の雨乞岳山頂はあまり見晴らしの良い場所ではありませんでした。
が、ついに鈴鹿セブンマウンテン完全踏破。
一緒に登り続けた友人と喜びの記念撮影をし、帰路につきました。

もちろん、下りも大変な行程でしたが不安なまま歩み続けた往路に比べれば楽でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン