YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

屋久島 奥岳縦走

ヒロさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:関東の山を主に日帰りで登っています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

屋久島

2015/04/15(水) 22:28

 更新

屋久島 奥岳縦走

公開

活動情報

活動時期

2015/04/13(月) 10:25

2015/04/15(水) 11:02

アクセス:215人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,328m / 累積標高下り 2,962m
活動時間48:37
活動距離29.95km
高低差1,305m

写真

動画

道具リスト

文章

13、14、15日と3日間で屋久島の奥岳の黒味岳、宮之浦岳、永田岳の縦走をしてきました。
初日の石塚小屋までのルートは、花之江河から先が荒廃しており非常に歩きづらかったです。
小屋は無人の避難小屋でこの日は貸切でしたが、夜中はネズミが出て賑やかでした。
あと全体に通して言えることですが、いたるところで水が流れているので登山道がジャバジャバです。木道に沿って板の上を水が流れ落ちてくるところもあり、勾配付いているところは怖かったですが案外滑りませんでした。
2日目は三岳(黒味岳、宮之浦岳、永田岳の総称)を南から全て歩きましたが、晴れたのは宮之浦岳のみで、全て強風、最後の永田岳は立っていられないほどの強風になり、霰も降ってきたため痛かったです。
行動中天気が目まぐるしく変化していたのですが、霰が降りだしてからは霰か雪になり、この強風、雷を伴った霰は小屋の壁をものすごい音で鳴らすため翌朝まで苦しめられました。
翌日の下山時に登ってきた地元の方によると、ニュースにもなっていたようでこの時期では珍しいようです。
避難小屋の高塚小屋に泊まって翌日は縄文杉、白谷雲水峡などの観光をしつつ下山しました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン