YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

妙義山 奥ノ院 戻って中間道 鎖漬け

なかさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山に向かうようになって今年5年目を迎えます。その中で山に行く目的が少しずつ変化している気がしています。ピークを目指すだけではなく、山の匂いを感じ、可憐な草花に出会い、木漏れ日の下から空を仰ぐことに、至福の喜びに感じます。加えて昨年は挑戦の年でした。八海山、西穂、谷川岳(西黒尾根から)、両神山(八丁尾根経由)など、今までの山域から世界が拡がった感があります。雪山にも🏔少しずつ入っております😅
    今年も元気に山に向かいたいと思います。
  • 活動エリア:群馬, 長野, 埼玉
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:秋田
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:
  • その他 その他

妙義山・天狗岳・相馬岳

2015/04/19(日) 09:48

 更新
群馬, 長野

妙義山 奥ノ院 戻って中間道 鎖漬け

活動情報

活動時期

2015/04/18(土) 08:01

2015/04/18(土) 15:31

ブックマークに追加

アクセス

506人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間30分
  • 活動距離活動距離10.40km
  • 高低差高低差491m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,264m / 1,309m
  • スタート08:01
  • 2時間5分
  • 大ノ字10:06 - 10:18 (12分)
  • 3時間52分
  • 第一石門14:10 - 14:17 (7分)
  • 1時間14分
  • ゴール15:31
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

妙義山は遠くから見る山・・と思っていたのに登ることに😁
みょうぎ道の駅からスタートです。歴史ある妙義神社の階段がウォーミングアップ😅
15分位登ったところの標識で間違ってしまって・・中間道の予定だったのに・・
途中で向こうから鎖を降りてきた登山者に訪ねて間違いを認識。もうここまで来たのだからと先に進むことに・・
鎖場を抜けた辺りで別のカップルに出会って確認。この先はもっとキツイらしい。とりあえず、何とか奥ノ院着。
先のカップルが見晴までの岩壁の長い鎖に挑戦していました。ほぼ直角と思える岩肌を難なく登る男性。ナビ付きで登る女性。すごい😍
私はちょっと挑戦してみたものの断念しました。見るとやってみるとでは大違い。やれそうと思う心に落とし穴ありです。「危険 上級コース」と岩に書かれた文字はは意味ある注意書でした。その後、結構しんどいコース(またまた 鎖が・・)をぐるっと回って振出しです。ただ、途中、沢伝いの道があり、癒されました。
振出しから中間道を。ちょっとした上り下りはあるものの、関東ふれあいの道らしいのどかな道が続きます。ぎざぎざの山容を眺めながらひたすら山門を目指します。山門手前で人の山。先着のオジサマ方にアドバイスをいただき、リュックを置いて大砲岩へ。(おじさま方曰く、楽しいよぉ・・)ここは結構の人で賑わいがありました。挑戦する人、躊躇する人、それぞれが巨大な石の塊を眺めていました。鎖はあるものの慎重にいかないと・・緊張の連続😅  ここからは鎖漬け。いい経験になりました。鎖の登り方、降り方のコツが少しわかった気がします。びびりすぎは絶対良くない・・
アーチ型の第四石門はとにかく立派。第二石門は鎖の上り下りとカニの横バイ付。第一石門を過ぎるとすぐ車道の道になり、しばらく歩いてまた山道に戻り、そしてまた車道へ・・で駐車場に無事帰りつきました。ホッ😅
緊張の連続といつもは使っていない筋肉を使ったことで、結構乳酸値が⤴️⤴️
しかしながら、達成感のある山行きとなりました。
P.S 記録を見て、思ったより距離も高低差もないことに唖然。この疲れ様は緊張感のせい❓
その後、登山者の記録を見ていたらたぶんタルワキ沢のコースだったら相馬岳を目指せるようなので、次に行く機会があったらチャレンジしてみようかと考えています。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン