YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

矢倉沢から矢倉岳・矢倉岳から万葉公園

wanderさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:登山歴だけは長いのですが、いつまで経っても万年中級者のまま。経験値はほとんど向上しないのに、体力はどんどん低下していることが悩みの種。体力復活のため、今年は少し気合を入れて山歩きに取り組もうかと思っています。
    仕事の関係で長い間、北海道で暮らしていましたが、神奈川県に戻ってきてからのここ数年は、丹沢や箱根、山梨方面の山などをポチポチと楽しんでいます。また最近では近場の低山や丘陵歩きなどにも、新たな魅力を感じ始めているところです。
  • 活動エリア:神奈川, 東京, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

箱根山・神山

2015/04/20(月) 12:12

 更新
神奈川, 静岡

矢倉沢から矢倉岳・矢倉岳から万葉公園

活動情報

活動時期

2015/04/19(日) 09:18

2015/04/19(日) 13:24

ブックマークに追加

アクセス

168人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間6分
  • 活動距離活動距離8.73km
  • 高低差高低差626m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,341m / 1,175m
  • スタート09:18
  • 1時間36分
  • 矢倉岳10:54 - 11:26 (32分)
  • 1時間58分
  • ゴール13:24

写真

動画

道具リスト

文章

このところ週末になると天気が悪かったり、野暮用が入ったり、海に浮気したりで、前回から1か月ぶりくらいの山歩きになってしまいました。しかも前日なら晴天だったのですが、今日は午後から下り坂の予報。「ならば半日程度で歩けるルート」と考えて、矢倉岳を歩くことにしました。
スタートは矢倉沢から。あまり展望が利かない樹林帯の急登から勾配が緩やかになり始めたらあと一頑張りすれば矢倉岳山頂。晴れていれば最高の展望が楽しめるはずなんですが、どんよりとした空の下、ちょいと早めの弁当を食べていたら、雨がポツポツと落ちてきました。
下りは矢倉岳から万葉公園へ向かい、万葉公園からは足柄古道と車道を歩き、地蔵堂がゴールでした。

・「熊注意」としたのは、注意看板があったので一応。去年の6月頃に小熊が二頭目撃されたり、それより以前にも熊の痕跡があったとかの注意喚起の看板がありました。まあ平日で人が少なく、しかもソロで歩くといった人は念のため「熊鈴」でも用意して置いた方が良いかも知れませんね。ただそれよりも個人的に気になったのは、「オオスズメバチ」の方です。写真の矢倉沢の茶畑近くのゲートを抜けて登山道に入り、少し進むと注意喚起の看板が立っていますので、このあたり通過の際は要注意です。

・ほとんど危険なところがなく、道標も多いので安心して歩けるルートですが、矢倉岳から万葉公園方面の山頂直下の下りはやや急斜面で山道が補修途中です。

・4月以降の「休日」には、万葉公園と地蔵堂間を結ぶバスが運行されていますが本数は少ないです。バスをあてにするなら事前に調べておいた方が良いかと思いますが、最初からあてにしないなら、万葉公園手前の分岐から地蔵堂に直接下るルート(万葉公園ファミリーコース)を利用するのも良いかも知れません。

・万葉公園から地蔵堂までの途中で車道が分岐しますが、その分岐で右の道に入った方が地蔵堂までは若干近かったようです。僕は遠回りしてしまい、後で地図を見直して気が付きました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン