YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

幸せな一夜 in 坊ガツル

とっさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/04/24(金) 13:07

 更新

幸せな一夜 in 坊ガツル

公開

活動情報

活動時期

2015/04/23(木) 14:23

2015/04/24(金) 05:30

アクセス:951人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 596m / 累積標高下り 629m
活動時間15:07
活動距離10.14km
高低差341m

写真

動画

道具リスト

文章

午後から仕事が休みのため、ふらーりと坊ガツルに行ってきました。
翌朝9時までに帰れば仕事に間に合うのでお泊りセット用意して♡
荷物を軽くするためテントではなくツェルトで。美しい星空撮影もしたかったので三脚も。

午後1時、Kool&theGang のファンキーなサウンドに乗って高速を東走します。
吉部から出発。
急登をダッシュで駆け上がり、あっという間に坊ガツル。

まず基地を設置し、法華院温泉で汗を流します。
ほんでビール確保し、基地へ戻る。が、もうすることがありません。

しばらく付近をぶらぶらしたりごろごろしたり。
小腹がすいてきたので早めの夕食にしました。

で、また暇になったので寝ます。

午後7時過ぎ寒さで目が覚め、ダウンを着込み、ぼーっと平治岳を眺めます。

まだ明るく星はぽつぽつ、三日月さんはぼんやり、薄曇りです。
晴れ予報だったので、雲が取れるのを期待して基地内でちびちびやります。
このころから急激に気温が下がりはじめ、シュラフにくるまってビーフジャーギ―かじります。
ほろ酔い、いい気持になり、も一回寝ます。
が、寒すぎて寝れません。上下レインも着込みます。

そうこうするうちに、三日月さんが三俣山の影に隠れようやく星撮り開始です。

最初は絞り、SS、感度、WBをいじくりまわして一番いい設定を探します。
そのうちいい感じに撮れてきましたが、なにせ三脚はあるが可撤式の雲台を忘れる始末。
三脚の上にカメラ乗せ、手で固定している状態なのでブレブレです。
感度上げてSS遅くするしかないのでノイズもばりばり。

まあ、そこそこでいいやと半ばあきらめバチバチ撮ります。
昨日から、こと座流星群の見頃とのことだったので東の空を中心に撮りますが、
流れませんねえ。
こういうときに日頃の行いがものをいうのでしょう。

午前3時半くらいまで撮って、指のかじかみピークとなり終了。
寝ます。
が、やはり寒すぎて寝れないため、4時過ぎに撤収決定。
真っ暗闇の中、ビビりながら下山しました。

思ったよりまだまだ寒い坊ガツル、テン泊にはまだ冬期レイヤリングが必要のようです。
しかし、なにもしない、娘の送り迎えもしなくていい、手の届くところに酒がある、少し撮り方がわかった、
充実の半日でした。






コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン