YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

南八甲田 睡蓮沼⇔櫛ヶ峯

D. Benさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:山スキーを長年やってきましたが、十数年前からテレマークスキーに転向し楽しんでいます。
    無雪期の山は、61歳から始めた硬式テニスにはまり回数が減りました。
    天気の良い日に無理せず、ユッタリと山と自然を楽しむことが今のモットーです。
    山岳画家「山里寿男」に魅せられ始めたスケッチも、以前は頂上や稜線で描いたものですが、今や里から望む山々が多くなったのは歳のためか、それとも・・・
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1948
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

八甲田山・高田大岳・雛岳

2015/05/19(火) 08:44

 更新

南八甲田 睡蓮沼⇔櫛ヶ峯

公開

活動情報

活動時期

2015/04/24(金) 07:28

2015/04/24(金) 13:42

アクセス:139人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間14分
  • 活動距離活動距離16.88km
  • 高低差高低差526m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,848m / 2,897m
  • スタート07:28
  • 1時間53分
  • 駒ヶ峯09:21 - 09:25 (4分)
  • 1時間39分
  • 上岳11:04 - 11:29 (25分)
  • -
  • 櫛ヶ峯11:04 - 11:29 (25分)
  • 1時間11分
  • 駒ヶ峯12:40 - 12:53 (13分)
  • 49分
  • ゴール13:42
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

昨夜から風が強い。睡蓮沼から駒ヶ嶺手前の稜線に向かうが、此処は通信圏外。地図を取得出来ずに出発。高度を上げ、やっと地図を取得出来た。稜線は案の定の強風。
櫛ヶ峯も強風を懸念しつつ樹林帯の脇を登るが、風はそんなでもない。しかし、山頂の風は凄かった。櫛ヶ峯待望の斜面は風も弱く、快適な滑りを楽しんだ。
帰路も稜線上は強風だったが、睡蓮沼への斜面は風は無かったものの雪質が悪かった。睡蓮沼には、観光客が数名出迎えてくれた。
この時期としては雪が少ない八甲田です。高田大岳は、雪の斜面まで何時も以上の藪こぎを覚悟する必要が有りそう。
地獄沢は雪が繋がっていないと、秋田のBCスキーヤーに聞きました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン