YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

踊り子遊歩道へ行ってきました。(静岡県河津町ー伊豆市)

y.inabaさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:静岡県伊豆に住んでるハイキング初心者です。昨年11月ごろから伊豆地区中心に日帰りハイキングをしています。健康と無駄遣い防止のためにウォーキングを始めました。1月に八丁池へ登った時に出会った人にyamapを教えていただきました。今後いろいろ伊豆のハイキングコースを紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

伊豆半島南部・天城山・長九郎山

2015/04/25(土) 22:28

 更新

踊り子遊歩道へ行ってきました。(静岡県河津町ー伊豆市)

公開

活動情報

活動時期

2015/04/25(土) 08:24

2015/04/25(土) 14:07

アクセス:239人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,435m / 累積標高下り 1,172m
活動時間5:43
活動距離23.14km
高低差734m

写真

動画

道具リスト

文章

河津町から伊豆市旧天城湯ヶ島町につながる旧下田街道の一区間踊り子遊歩道へ行ってきました。川端康成の小説「伊豆の踊子」の舞台になったためこの名称がついています。実際の踊子は旧天城湯ヶ島町から歩いてきたのですが今回は逆方向へ歩き始めました。河津町の湯ヶ野町営観光駐車場へ車を置き歩き始めました。数分ほど歩いて失敗にきずきました。肝心の「福田屋」へ寄るのを忘れていました。ですので写真もなしです。⤵湯ヶ野から小鍋、大鍋を抜け川横へ河津川にかかる吊り橋を通り梨本地区へ河津七滝ループ橋を下から眺め河津七滝へここから滝めぐりです。最初にあるのが大滝ですが大人の事情によりただでは全景が見えません。2つめは出合滝で2つの河川が交わるところに滝があるため出合滝です。本道より少し下がるのですが、名前のためかカップルが大勢いました。近くには絵馬を奉納する場所がありデートスポットになっていました。その先に大滝の上部が見えます。本道に戻り次にあらわれるのがカニ滝小さい滝です。次に踊り子と学生の銅像がある初景滝。一番のシャッターポイントです。ここから木製の階段を登っていきます。次にあらわれるのが蛇滝です。溶岩でできた岩肌が蛇のうろこに似ていることからつけられたそうです。変形の橋滝見橋を渡り次に出てくるのがエビ滝。吊り橋の上から見えます。滝の形がエビのしっぽに似ているそうです。最後に釜滝。大滝と並んで七滝中落差では最大だそうです。七滝めぐりが終わり猿田淵を通って宗太郎人工杉林道を抜けていくと国有林道の入り口にゲートがありその横を遊歩道が通ってます。そこを歩いていくとわさび沢が現れその横に平滑の滝があります。大きな一枚岩から流れ落ちる滝が見られます。わさび沢には七滝地区で食堂とみやげ物屋を営んでいる「かどや」のわさび沢です。ひところ有名になった孤独のグルメで「わさび丼」を食べたのがこの店です。わさび検定なる看板もあったり大変面白いです。そこを過ぎてから登っていくと国道414号に出ます。そこを横切り国道の旧道を進みます。途中に二階滝がありさらに進むと国指定登録有形文化財の旧天城トンネルが現れます。ここが最高地点であとは下りです。水生地に四阿がありそこで昼食。休憩していると八丁池へのハイカーが多数いました。休憩を終了し進んでいく川端康成の文学碑が現れさらに進み国道の下をくぐり本谷川沿いの遊歩道を歩きます。元キャンプ場だった広場を抜け太郎杉遊歩道との分岐になります。そこに井上靖の文学碑がありそこから太郎杉を見に進むと沢の岩がとてもきれいです。1kmほど進むとドデカイ杉が1本出てきます。ド迫力です。そこから戻ると滑沢渓谷沿いを歩いて道の駅「天城越え」に到着。そこで少し休憩し、遊歩道を進むと2回目の国道横断。少し国道を歩き遊歩道入口から遊歩道を歩いていくと天皇陛下(当時皇太子)お手植えの杉が2本ある。そこを過ぎて右側に横光利一の文学碑があるがようく見ないと見逃します。(実際私も見逃して戻って探しました。)看板があるのですがその表示が”まっすぐ行け”と見てしましました。実は”上に行け”の意味見たいです。そこ通って舗装道に出てしばらく歩くと右側に島崎藤村の文学碑がありさらに進むと穂積忠の文学碑があり数分で浄蓮の滝踊り子遊歩道起終点に到着しました。せっかくなので浄蓮の滝を見学し、天城越え歌碑も見学し終了。帰りは東海バスにて歩き出した河津町湯ヶ野駐車場へ戻ってきました。伊豆半島ジオパークにも指定されている周辺の変化にとんだ河川や鳥のさえずりなど体感しながらのハイキング大変良かったです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン