YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初の北アルプス!雪の燕岳!

masaさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2年程、自宅近くの300mの山を散歩程度で歩いていました。もっと大きい山を登りたいと思い、登山に興味を持ったオヤジです。基本的には嫁さんと登るので、日帰りで夕方に帰宅出来る範囲の山を中心に登っています。15年4月に念願だった燕岳で北アルプスデビューしました。素晴らしい景色に感動したので、もっと楽しみたいと思い10月に紅葉の涸沢でテント泊デビューしました。16年7月には、憧れの剱岳にテント泊し感動しました。でも、まだまだ初心者なので日々勉強です。
  • 活動エリア:大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1973
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳

2016/06/08(水) 21:45

 更新

初の北アルプス!雪の燕岳!

公開

活動情報

活動時期

2015/04/25(土) 06:25

2015/04/26(日) 10:21

アクセス:1214人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,295m / 累積標高下り 5,283m
活動時間27:56
活動距離16.15km
高低差1,425m
カロリー14345kcal

写真

動画

道具リスト

文章

念願の北アルプス、雪の燕岳に行って来ました!

当初は、今の時期は雪が多いので
5月中頃か6月頭に行ってみたいなぁと考えていたのですが、
山小屋のHPを見ると、今年は雪が少ないとの事。
なに!?
って事は、予定している時には私の見たい雪山ではないかも!
って事で、数日間天気図とにらめっこし、
山小屋オープンの日に思い切って行く事にしました。

初の北アルプス、初の山小屋泊。
不安もあるけど、期待と楽しみが圧勝です。
ただ雪が少ないとは言え、山の上は冬です。
最高気温も氷点下。
どの程度なのか想像も出来ない。
想定しうる衣類、装備を持参しましたよ!
40Lのザックがパンパン。
重量を計ると12キロありました。
ベテランの人からすると、山小屋1泊やのにって言われそうですが、
足りないよりはいいかと思いまして(^_^;)

期待で胸がいっぱいの私。
前日は仕事から帰ると、身支度を済ませて直ぐ出発しましたよ~
現地に到着すると、いい天気じゃないですか~\(^o^)/
準備をしている方も大勢いらっしゃいます。
ここ燕岳は、登山口から第一ベンチから第三ベンチ、
富士見ベンチ、合戦小屋と休憩ポイントがいい間隔であります。
各ポイントに着くと、大勢の方が休憩されてました。
私は休憩なしで、先に行かせてもらいます。
そうしないと、登山道が狭く渋滞にはまると抜かせないので(^_^;)
合戦小屋までは、樹林帯で展望はないんですが、
富士見ベンチからは条件が良ければ富士山が見えるとの事。
残念ながら、見えませんでした(^_^;)))
燕岳は、アルプスの三大急登らしく確かにキツい。
合戦小屋からは、更に傾斜がキツくなります。
でも伊吹山で鍛えたので、問題ありませんでしてが(^_^)v
傾斜はキツいけど、展望が良くなります!
でっ!
やった~!
憧れの槍ヶ岳が見えた~!\(^o^)/
テンションMAXでどんどん高度を上げていき、山小屋に到着!

宿泊の手続きをして、北アルプスの女王燕岳山頂に向かいます。
キレイな山だ~!
雪と岩と緑、最高~!

山頂から小屋に戻ると、槍ヶ岳を見ながら、生ビールにカップラーメン!
もうこれ以上の贅沢はないですね!
最高の景色を見ながらなので、旨いに決まっている!

夕食まで時間があったので、表銀座を少し歩いてみたり、贅沢な時間を過ごせました(^_^)v

お恥ずかしい話、全然知識が無いので
大展望で素晴らしい景色なのですが山の名前が分かりません(^_^;)
でも、いいんです!
キレイなんで!
名前は、ゆっくり覚えていきます。

しかし、思っていた雪山が見れて大満足です!
夕日も見たし、星も見た!
御来光も見たし、なんたって憧れの槍ヶ岳がハッキリ見えたので完璧です。

ただ残念な事が2つ。
1つ目は、雷鳥が見れなかった(T_T)
まぁこれだけ天気がいいと仕方ないのかなぉ~
2つ目は、ソロだった事。
出来れば嫁さんと来たかったんですが、冬の金剛山に一度しか行ってないのと、
子供を置いて泊まりは無理なので仕方なく(^_^;)
でも、この絶景を是非見せたいので、
今年の冬は嫁さんにも雪山デビューしトレーニングしてもらいましょう!(^o^)

初めての北アルプスデビューは最高でして!
思い切って行って良かったです!

でも山小屋の方が言ってました。
今の時期が一番雪の量が多いそうです。
今回のように天候がいいと問題ないけど、荒れると厳しい冬山になると。
なので、極寒にも耐えうる装備で来て下さいとの事でした。
今回は天候に恵まれましたが、標高が上がるにしたがって、
どんどん気温が下がっていくのが分かりました。
森林限界を過ぎると更に気温が下がり寒かったですね。

まだまだ私の知らない世界が有るのだと実感した山行になりました。
もっともっと経験を積まないと!

次回は、嫁さんと登りたいものです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン