YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

三瀬峠~井原山(脊振山系縦走その6)

konyさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:20年前には子どもと一緒によく登っていました。雪の久住、早春の経ヶ岳で迷って遭難しそうになったことも今ではいい思い出です。
    コレステロールと高脂血症の対策を兼ねて、また登り始めました。お花を探しながらのゆっくり登山です。無理なく登れる山のお花の情報を探しています。
    「夫婦で山歩き」私たちのブログです。http://blog.goo.ne.jp/runner524
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雷山・井原山

2016/03/29(火) 22:01

 更新

三瀬峠~井原山(脊振山系縦走その6)

公開

活動情報

活動時期

2015/04/29(水) 08:51

2015/04/29(水) 13:59

アクセス:375人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,714m / 累積標高下り 4,714m
活動時間5:08
活動距離11.63km
高低差494m
カロリー2400kcal

写真

動画

道具リスト

文章

4月29日は「みどりの日」 ならば新緑の中を歩かなければなるまい と思って半ば強引にスケジュール調整をして山歩きに行ってきた。
順番でいけば、今回は「井原山~雷山(脊振山系縦走その5)」となるのだが、「井原山~雷山」の縦走は5月に入ってからと決めているので、今日は「三瀬峠~井原山(その6)」を歩いてきた。
新村大橋手前の路肩に車を止めて三瀬峠まで車道を歩いて戻る。三瀬峠には登山客の車が何台も止まっていた。大多数は金山行きだと思われるが、我々は井原山に向け縦走路を西側に入っていった。縦走路入り口の標識には、井原山山4.6㎞、120分と書かれていた。最初は、杉の植林地帯の中を歩いていく。このルートはだらだらとした尾根歩きでアップダウンも少なく楽チンルート。杉の植林地帯をしばらく行くと右手は自然林に変わる。新緑が日光を浴びてきれいに輝いている。何度かアップダウンを繰り返して新村分岐に到着。標識には井原山まで30分と書かれている。ここまで約1時間かかった。新村分岐から山頂までは約200m登ることになる。そのままマイペースで進んでいくと足元に笹が増えて来たと思ったら、視界がだんだんと開けてきた。コバノミツバツツジも徐々に見え始めた。まもなく水無分岐にでた。満開に近いツツジがお出迎え。ここから山頂までは写真を撮りながら一歩一歩進んでいった。山頂では天気も良く視界も良好。久しぶりに普賢岳も見えている。登山客も多い。場所を探して昼食休憩。40分ほど山頂付近にいてから水無方向に降りた。こちらも新緑がきれいだった。こうぞう岩を過ぎて右手に上り返し縦走路を横切り新村大橋まで戻った。
自宅に戻ったら、なんと4月29日は「昭和の日」だった。ならば、今日は昭和歌謡を聞かなければなるまい…
自宅8時発、8時44分新村大橋路肩8時50発、9時15分三瀬峠、9時41分694ピーク、9時55分714ピーク、10時17分新村分岐、10時41分820ピーク、10時55分水無分岐、11時03分井原山山頂昼食11時40分、11時48分水無分岐、12時33分アンノ滝分岐、12時42分水無分岐、13時13分縦走路新村分岐休憩13時23分、13時43分新村登山口、13時58分新村大橋路肩14時05分発で帰宅
その7に続く。https://yamap.co.jp/activity/84390

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン