YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

福智山・鷹取山

とっさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

福智山・尺岳・雲取山

2014/04/17(木) 16:20

 更新

福智山・鷹取山

公開

活動情報

活動時期

2014/04/17(木) 09:28

2014/04/17(木) 12:16

アクセス:443人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,409m / 累積標高下り 1,388m
活動時間2:48
活動距離7.03km
高低差741m
カロリー1609kcal

写真

動画

道具リスト

文章

前回、前々回の山行あたりから靴のスリップがかなり顕著になってきました。
ビブラムソールは、けっこう磨り減っています。

それもそのはず、昨年の8月頃から山登りを再開して、山行数は30を越えました。
この靴、どちらかというと低山向けのハイキングシューズ、でもこのあたりで登れない山はありませんでした。
雪が降ろうと矢が降ろうと!?
でもそろそろ限界のようです。ゴアテックスだけど水が浸みてきたし。

もっともっと高いところを目指すとっさんとしては、本物の登山靴が必要だろう、ということで本、ネット、お店にて物色。今回は、お店で試着してネットで買うといういやらしい戦法をとり、高級靴をちょっとだけ安く購入。
試着ではアタリもなく上々の履き心地。あとは実際に山で歩いてみるしかありません。

前置きがながくなりましたが、今回福智山は、登山靴のならしです。

駐車場から登山道までのアスファルト、ソールが硬く歩きにくいです。がちがちの岩場用よりも少し柔らかめのモデルなのですがそれでも硬い。まあ、想定内です。
登山道に入るといっきに歩きやすくなります。岩登りもつま先だけで登れちゃいます。
すべりません、当然ですが。プチ感動中!
ゆるやかに登っていき、林道に出るとようやく福智山の取り付きです。
ここから急登が続きます。

あれ、なんか痛い。かかとが...痛い。
ついに出ました。どんな靴を履いても出る、右かかと痛。
これも想定内ですが、痛い...
我慢してゆっくりゆっくり登ります。
視界が開けたぞ、もうすぐ頂上、がんばれ、あれ、頂上じゃない。
騙されました。頂上はもう一山むこうでした。
ようやく頂上に着き靴紐を緩めます。脱いじゃえ。
ゆっくり休みました。
前の靴と同じメーカーなので特性的なものは変わらないだろう、前回も右かかと痛はでました。
しかし、穿きこんでいくと靴君とかかと君が示談し、いつのまにか無痛になります。
今回もその特性ねらいです。インソールは変えたほうがいいかもです。

ぼちぼち下ります。下りは違う道を。鷹取山方面へ。
下りは快適です。すべりません。ブレーキよく利きます。
鷹取山分岐からピストン。緩やかな上りですが、かかとの痛みがありません。示談中です。

頂上、えっ、お花畑、咲き乱れた、というかきれいに植栽されたスイセン。
こんなメルヘンチックな頂上は初めてです。プチ感動中!

あとは下るだけ。沢沿いをスタスタいくと間もなく直登コースとの分岐に着き、終点です。

夏までに穿きこんで足と一体化させ、強力な相棒になるのが楽しみです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン